思春期のころから、ニキビがひどかった私。気になる気持ちからいじってしまい、今となってはニキビ跡になっているところもたくさん・・・いつしか、ニキビ跡のせいで太陽の下にもいきたくないくらい、気にするようになってしまいました。


スポンサードリンク





ネットや雑誌をみると、「ニキビ跡は一度できてしまうと治すのが大変」とか「ニキビ跡は基本的に完治できないほど皮膚がダメージをうけている」とか・・悲しい情報ばかりだけどあきらめたくない!と、美容外科にいってみました。


一番にオススメされたのが、「フラクセル」という名前のレーザー。これは、皮膚にみえな~いくらいの細かいダメージを与えることによって皮膚をやけどのような状態にするのだそう。敢えてダメージを与えることで、皮膚の再生を早めて、ニキビ跡の凹凸が平らに、、、という効果をもたらすのだそうです。


但し、その高い効果だけあって、皮膚表面をあてたレーザーの跡は、まるで焼き豆腐のような点々の跡が。。そして、効果があるとはわかっていますが、とても高価。


なかなか手の出せないお値段です。しかし、いつまでも変われないのも悲しいので、今回は思い切ってレーザー体験してみることにしました!


施術当日、緊張している私に淡々と説明をするお医者様。病院によっては、お医者様でなく看護婦さんなどのスタッフがレーザーをあてるところもあるそうです。(熟練された方であれば、効果にかわりはないのでしょうが、素人の私は診断してくれたお医者様が直接レーザーをあててくれる医院にしました。)


スポンサードリンク





まず、痛みを和らげるために痛み止めのジェルを塗ります。(そんなにいたいのかな~!)そしてベッドに寝転び、すぐに施術が始まります。レーザーの機械、まあまあ大きい・・・お医者様はゴーグル着用。ああ、始まってしまいます。


・・・やはり痛い!猛烈に痛いです・・皮膚がこげるようなニオイと、本当に直火を頬にあてられいるような痛さがあります・・・・大人なのに泣きそうです。痛み止めが意味なさそう!?でも効果がある、と信じれば、なんとか耐えられる痛さです。。。


あんなに覚悟していたのに、10分そこらでレーザータイムは終了。終わったあとは、顔が真っ赤です!そりゃそうか、敢えてダメージを与えるんだもんな・・・冷やしてなんとか痛みに耐えて、マスクをして、おでこを隠すために帽子を被り、終了です。


痛いよう・・・向かい風さえ痛いレベルの痛みです!


家に帰ってマスクをおそるおそるはずしてみても、やはりお猿さんのように顔が赤い!元々肌が薄いので、敏感に反応しちゃったのかな~?当日の晩は、洗顔さえ痛く、うつぶせに寝ることなどもちろんできない過敏な状態で過ごしたのでした。


もちろん、全ては高い効果のため!!どうかマシになっていますように。


翌日から、赤みや痛みはひいていきますが、ビビリな私はまだ痛み止めジェルを塗りたくっていました。注意点は、必ず日焼け止めをぬること!いたくても!皮膚にダメージを与えている状態なので、施術後の日焼けは絶対NG!シミになったりしてしまいます。


当日ほど痛くも赤くもないものの、なんとなく赤ら顔な日々が数日続き、レーザーのあとは1cm四方くらいの焼き跡がついて、やはり焼き豆腐のようになっています。


うーん!ランチを食べるときも批判されそうなマスクで食べる日々が続きました・・そして、1週間後!早速変化が現れました。焼き豆腐のあとが乾燥して皮がポロポロとめくれ始めました。


わー! 見かけ的にはちょっとおぞましいけれど、これは良い効果につながる予感です★ 古い皮膚がはがれて新しい皮膚に生まれ変わろうとしているところだそう。


そして、その皮が完全にはがれると、新しい皮膚が再生しています。1回目のレーザーでは、正直ニキビ跡に対する効果は?でした。若干だけ薄くなったように思うけど、まだまだブツブツが目立ちます。


先生もおっしゃっていましたが、根気強く周期的に続けることで、効果は増していくのだそうです♪つるつるお肌のためにがんばるぞー!(と思いつつ、あの痛みを思い出すとちょっぴり涙目の今日このごろです。)


スポンサードリンク