同じ年齢層の友人と集まると、大体いつもお肌のお手入れとか商品の話になります。近い年齢だから、お肌の悩みもやっぱりみんな同じような内容で、シワ、たるみ、むくみ、目の下のクマなどなど。


スポンサードリンク





私が今一番気になっているのは目の下のたるみです。鏡を見ると、目の下のたるみがひどくて、クマもできているし、とても老けて見えます。毎朝、鏡を見るのがとても嫌なんです。


なんとかしたくて、アイクリームとか試したこともありましたが、あまり効果があった試しがないです。アイクリームってどこの化粧品メーカーでも、結構高いので、そんなにしょっちゅう買いかえたりできないし。


それで、私が最近はまっているのはマッサージ。顔には表情筋という筋肉がたくさんあって、目の下のたるみは、表情筋を鍛えることが効果的です。表情筋をあまり使わないと衰えてきてそのまま固まってしまいます。


これが目の下のたるみやしわの原因になります。そこでやさしくマッサージして筋肉をほぐしてやることと、表情筋を鍛えることで目の下のたるみを取り除く効果があります。


目の下には『承泣(しょうきゅう)』というツボがあります。そのつぼをやさしくマッサージすることが目の下のたるみに効果的です。指の腹であまり強く押さず、やさしく静かにマッサージします。


強くすると逆効果になることもあるので注意が必要です。朝晩の美容液やクリームをぬる時に意識してマッサージするようにしています。


それと、目の下のたるみには頬の筋肉を動かすことも効果があります。わたしは、頬骨の下のラインを鼻のわきから目じりの下までやさしく揉みほぐすようにします。筋肉をほぐした後、口を開けたり、「い」の口をしたりして、頬の筋肉を持ち上げるエクササイズをします。


スポンサードリンク





もうひとつ、リンパマッサージをやっています。これは顔全体に効果があります。耳の後ろから鎖骨の辺りまでをやさしくなでるようにマッサージします。やっていてとても気持ちがいいので、体にいいのが感じられます。


私はお風呂上がりにボディクリームをぬりながら、このマッサージをします。


他に気を付けているのは、目の周りをこすらないこと。目の周りはとても皮膚が薄くてデリケート。だから、夜更かししや花粉症で辛いときとか、目をこすったりすることが多いとそれだけで目の下のたるみの原因になります。


また、化粧を落とす時も、目の周りってどうしても化粧が濃くなっちゃうじゃないですか。マスカラやアイラインをちゃんと落そうとして、目の周りをこすりたくなるけど、がまん、がまん。


化粧が落としきれなくてもお肌に良くないので、汚れを浮かして取るタイプのクレンジングオイルを使っています。目の周りは、少し時間をかけて、やさしくマッサージしながら化粧落としします。できるだけ、目の周りの刺激を減らすことが目の下のたるみに効果的になります。


もちろん、睡眠も大切です。睡眠不足だとモロ、目の周りに出ます。22時から2時の間の時間を肌のゴールデンタイムと言うらしいですが、体の新陳代謝が最も活発になる時間帯です。


なので出来るだけ、この時間帯に睡眠をとるようにしています。でも、22時に就寝というのもなかなか難しいです。見たいテレビ番組があったりとか、友達と食事に行ったりとかすると帰宅時間が22時をまわることもありますよね。


でもせめてできるだけ深夜0時までには眠れるように気を付けています。お肌のお手入れって日々の積み重ねだと思います。5年後も10年後も素敵な女性でいたいから、毎日少し時間を作って、自分のお肌をいたわってないとねーって、友人と美容の話になるといつもそんな結論で終わります。


スポンサードリンク