最近、主人がとても疲れてます。年末が近くなって、仕事がたまっているのか、忙しくて、夜帰ってくるのも遅いし、休日出勤も多いんです。毎年この時期になると仕方がないのかもしれないけど、家に帰ってきても機嫌が悪くて、あまり話もしないし、最近は人間関係の問題でますますストレスがたまっているみたいです。


スポンサードリンク





本当はちょっと息抜きに出かけてみるとか、静かに音楽でも聞きながら読書をするとかすれば、ストレス解消になるんでしょうけど、忙しくてそういう時間もままならないみたいです。


会社帰りに飲んでストレス発散する人もいますけど、主人は飲めない体質だし、社内の人間関係がうまくいっていない今、同僚と食事に行く気にもならないみたい。


ぐったりして帰宅してくるのも見ると、何とかしてあげたいなーっと思って、友達と話をしていたら、たとえばマッサージとかどう?と言ってくれる友人がいました。ちょっとツボを指圧するだけでストレスが解消されるツボがあるんですって。


ツボマッサージだったら、時間が空いた時に家でも会社でも簡単にしかも自分でもできるし、いいなって思ったんですけど、ストレス解消にきくツボってどこかしら?
 

その友人も別にツボの専門家じゃないので、そこまでは詳しく分からなかったけど、絶対ストレス解消に効くツボってあるはずだよねって言い合って別れたんです。


その帰り道で、ちょうど駅前に小さな指圧のお店があって、店頭掲示版にいろんなツボの説明が載ってたのを思わず読みふけってしまいました。


スポンサードリンク





その日は足のつぼの解説が載っていて、その中にズバリ、「イライラ、ストレスを解消するツボ」というのがありました! 足の親指側面、人差し指側の爪の生え際にある『大敦(たいとん)』というツボです。


指圧の仕方の説明書きがあったので、よっぽどそこで靴下脱いで試してみたかったけど、さすがに人通りの多い駅前、こっそり携帯でその掲示板の写真をとって、家に帰ってから実行することにしました。


指圧の仕方は足の親指を両側から挟むようにして大敦を抑えたり緩めたりします。それを繰り返してだいたい1分から2分くらい。肝機能を助ける効果があると言います。意外とツボってわかりやすいと思って、ネットでも調べてみました。


私的に効くなーと思ったのは手のひらの真ん中にある『手心(しゅうしん)』というツボ。手のひらの、手を握ったときに中指が当たるところです。手のツボはストレスがたまっているとき、いつでもどこでも気軽にすぐできるのでいいです。


あとは、親指と人差し指の付け根にある『合谷(ごうこく)』。目の疲れやだるさ等、なんでも効くツボで、もう片方の手の親指と人差し指で挟み込んで押します。じわーっと押していると、気持ちよくて気分が落ち着いてきます。


いずれのツボも片方ずつ2分マッサージして大体4分から5分、揉み終わったあとはちょっとすっきりした感じがして、少しストレス解消されたかなって感じます。


さっそく主人にも教えてあげて、ついでにマッサージしてあげました。自分でするより人にしてもらうほうが気持ちがいいですからね。最初は特別サービス、背中のツボと頭のてっぺんのツボも刺激してあげました。


背中には両方の肩甲骨の上を結んだ線の中央に『身柱(しんちゅう)』というツボがあります。ここは一人ではできませんので、誰かに指圧してもらうしかないんですが・・・。


また、頭の上部の中央、両耳を結んだ線と鼻から上に伸ばした線が交わるところに『百会(ひゃくえ)』というツボがあります。ここは内臓の働きを活発にする効果もあるらしいです。


この頭のてっぺんもかなり気持ちがいいですが、これも人にやってもらう方が心地いいツボです。主人のストレス解消にと思って興味を持ったツボ指圧ですけど、なんだか、ツボっておもしろいですよね。ちょっとはまってしまうかもしれません。


スポンサードリンク