私は最近、結構頑固な肩こりです。肩こりになった原因は分かっています。子どもの学校の役員を引き受けたためです。ひんぱんに集まりがあって、なかなか体を休めることが出来ません。また、その役員で、保護者あてに配布するさまざまなお手紙を作る仕事につきました。


スポンサードリンク





今までも、パソコンは使用していましたが、役員を引き受けて、お手紙の原稿を作るようになってから、肩こりがひどくなってきました。この肩こりから解消されるためには、役員の仕事を無事に終わることができれば解消されそうな気がします。


そのため、引き受けている間は、自分で肩こりを解消していくしかなさそうです。私は普段、肩に塗る市販の外用薬を使っています。成分など配合量が違ったりと種類は様々ですが、値段が高い方が効果がありそうな感じがして、ついついそういったものを選んでしまいます。


また、自分で肩こりをほぐす器具を使っています。たたくとほぐすの二種類のモードがあり、肩こりによって頭が痛くなってきた場合などに、この器具を使っています。


コンセントにつないで使用するタイプのものですが、少し重量があって片手で持つには少し重たいと感じる時があります。しかし、肩こりに特化したものなので、使い終わった後はずいぶん痛みが解消しています。


パソコンの他に肩こりの原因になっているものが私には、あと二つ心当たりがあります。一つ目は、スマートフォンの使用です。特にこだわりもなかったため、ずっとガラパゴスケータイを使っていました。


しかし、液晶画面に亀裂が入ったり、操作するボタンに異常が出始めたため仕方なく機種変更をしました。スマートフォンは主に液晶画面を指で操作します。


メールを作成するときも、画面を見ながらではないと入力できず、いつも決まった指で操作してしまうため、これが肩こりの原因になっているのだと思います。


スポンサードリンク





スマートフォンを使用しないのが、肩こり解消法になりそうですが、もはや生活の一部となってきました。インターネットでわからないことを調べようと思えば、パソコンを起動しなくてもスマートフォンですぐに調べることが出来ます。


読みたい本やマンガがあれば布団に入った状態でも、スマートフォンによって読むことが出来ます。一日を通して見ると、スマートフォンを操作している時間はそれなりのものになりそうです。


肩全体を使うことなく、指一本で操作しているということは、やはり肩に負担をかけ、肩こりの原因になっていると思います。


二つ目は、車の運転です。子どもが習い事を始めたため、送迎に車を使い、私の運転で送り迎えをしています。また、私が手術後のリハビリのために病院へ行くのですが、その移動手段も、自分で運転していくようになったため、以前に比べて運転する時間が増えました。


ハンドルを握る姿勢は、いつも同じで、両手をある程度上にあげるため、これも肩こりの原因になっていると思います。肩こりを解消するには、薬や器具を使ってセルフケアをしていますが、お風呂に入浴剤をいれて入るのも、私は好きです。


入浴剤からたくさん出てくる小さな泡が、肩こりや腰など疲れた体を癒してくれるような気持ちになります。ぬるま湯にゆっくりと浸かることで、体全体の疲れが取れる気がします。肩こりにならないように、日ごろからストレッチなどをし、肩周辺の筋肉もやわらかくしていこうと思います。


スポンサードリンク