女性はいつまでも、美しく健康でいたいと願う人は多いと思います。美しさには、肌や髪、体形など外面的な要素と、性格や教養など内面的なものから成り立っていると思います。


スポンサードリンク





健康には、病気をせず、少しでも長く過ごしたいなどの願いがあります。女性は、特に体形を気にします。若いときに比べ、年齢が上がるにつれて、体の代謝も悪くなってきます。


そこで運動など何も行っていないと、余分な脂肪が蓄えられ、体形に変化が出てきてしまうのです。一般的に、体重が増えてしまえば、運動や食事制限などを行いダイエットしようと考えます。


しかし、女性の体は不思議なもので、ダイエットに向いている時と、向かない時のリズムが決まっているのです。そのため、運動や食事制限をしていても、体重が落ちるときとそうでないときがあるのです。


健康な女性で一ヶ月に一度生理が来ます。この生理は、女性ホルモンによっておこる現象です。女性ホルモンには、エストロゲンと呼ばれるものとプロゲステロンの二種類があります。それぞれ役割が違うホルモンです。


まず、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンは、排卵に関わるホルモンです。卵巣や子宮などの女性特有の器官の発達をうながします。また、このホルモンによって、女性の体つきは丸みを帯びてくるのです。


更年期になると、排卵が行われなくなり、エストロゲンは分泌されなくなります。そのため、ホルモンのバランスが取れなくなり、体や心に不快な症状が起こり始めてくるのです。


スポンサードリンク





もう一つのホルモンは、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンというものです。これは、主に生理に関係しています。子宮内膜や子宮の筋肉である子宮筋の働きを調整し、また乳腺の発達をうながしています。


妊娠している間は、常にこのプロゲステロンが分泌されています。プロゲステロンが分泌されている間は、イライラしたり、気持ちが落ち着かないなど不安定な状態になりがちです。


ダイエットに向いているときは、エストロゲンが分泌されている時です。生理が始まってから一週間くらいは、エストロゲン、プロゲステロンともに分泌量は一定しています。


エステロゲンが一番多く分泌されているのは、生理が終わった頃から排卵日の数日前くらいまでです。この間に、運動や食事制限などをすると痩せやすくなります。


また、エストロゲンが分泌されている時に、朝起きてから豆乳をコップ一杯飲むだけでも、女性の体は痩せやすくなるのです。


反対に、プロゲステロンが分泌されているときは、ダイエットに不向きとされ、何をやってもあまり変化がないと思われます。このホルモンが分泌されているのは、排卵から生理の前くらいの間です。


豆乳も生理が始まったら、飲むのをやめてみてください。生理が終わったのであれば、再び飲み始めたほうが効果はあります。


簡単に言ってしまえば、生理の前が痩せやすく、生理の時は痩せにくいということです。ダイエットのために、同じ運動や食事制限をするのであれば、自分の体が痩せやすいときに行うのが理想です。


いつが、自分にとって痩せやすいかどうかわからない人は、スマートフォンのアプリなどを活用して生理の周期を確認してください。今が、ダイエットに向いているかどうかを教えてくれるアプリもあるのでオススメです。


スポンサードリンク