妊娠して、妊婦さんになると身体に様々な異変が起こりますよね。お腹がぽこっと出てきて妊娠線が出来ちゃったり、おりものが増えたり、動悸やめまいがしたり‥。その中でも私が一番辛いのは腰痛です‥。


スポンサードリンク





元々腰痛持ちだったのですが、妊娠をして余計に腰が痛くなりました。お腹が重たくなる後期に入るとどうしても腰が反る体勢になっちゃうんですよね。腰が痛い時って、座ってても痛いし、横になってても落ち着かないぐらい痛い。


本当に辛いです。今日は、私と同じ、妊婦の辛い腰痛に効くストレッチをご紹介します♪


妊娠すると、人それぞれありますが、大体10キロ前後増えちゃいますよね。赤ちゃんの重さ+羊水の重さはもちろん、体内のホルモンの働きで、脂肪や水分を蓄える身体に変化するからなんです。


そうなると、元の身体とは外も、中も変わってきちゃいます。そして、お腹は赤ちゃんの大きさによってどんどん前に出てきます。


今までぺったんこだったお腹では、身体の重心はきちんと真ん中にとれていましたが、妊婦になってお腹に重りが入ったと考えると、どうしても重心は前に、前にと移動してきます。


そうなると、重心を後ろに戻そうとする背中がどんどん反ってしまい、結果腰痛や、背中が痛くなる原因に繋がるんですね。また、赤ちゃんは骨盤を通って外に出てきます。


そのため、妊娠中は骨盤を緩くせよ!と指令が出され、関節や靭帯が柔らかくなる出産ホルモンが分泌されます。骨盤が緩くなると、今までしっかりと支えてくれていた身体の機能が少し変わってきて、お尻・腰の筋肉が頑張りすぎちゃうことも、腰痛の原因なんです。


スポンサードリンク





そこで!!腰痛に効くストレッチを一挙大公開します♪ぜひお試しあれ♥


1.くるっくるっポーズ!!
これは椅子に座って行います。
①椅子に浅く腰掛け、上半身が安定する一まで足を開き、背中を伸ばします
②息を吐きながら背もたれに触れるまで上半身をゆっくり、ひねります。
③息を吸いながら、上半身を元の位置に戻します。
④反対側へ同様にひねり、左右交互に数回行います。
*呼吸は、出産時にもとても大事な要素の一つ!!呼吸も意識しながら行いましょう♪


2.にゃんにゃんポーズ!!
 ①手は肩の真下、足は骨盤の真下に置きます。
 ②息を吐きながら背中を丸めて首を腕の間に入れます。お臍を見る感じで一呼吸。
 ③息を吐きながら頭をあげ上体をそらす。
 ④深呼吸を一回行ったら元の体制に戻りリラックスしましょう。
*赤ちゃんの重みをしっかり支えられるよう下腹部の筋肉を強くする効果あり♥


3.にゃんこの進化系!!
 ①よつんばいの姿勢から両手を膝の前に置きます。
 ②息を吐きながら腰を上げて、両手を前に滑らせてズ~っと伸ばします。
 ③顎を由佳に付けて、無理のないように徐々に胸をつけて、背中を気持ちよく反らす。
 ④吸いながらゆっくりと元に戻し、両手をももの上に置いて、一呼吸。
 *分娩の準備体操にもなります。


ストレッチも大事ですが、普段床にぺったんと座るときにどのように座ってますか?横座りをしている妊婦さん!!それも腰に負担がかかっているので、やめましょう!おススメなのはあぐら座り。


少し抵抗のある妊婦さんもいるかもしれませんが、あぐらの姿勢は骨盤を開く分娩時に役立つんです♪ 
1.手前で足を交差させるあぐら座り
2.お尻から膝まで床に着け、手前で足を崩した座り方
3.手前に足を投げ出してお尻をぺたんとつく座り方
4.足を大きく開き、両足を合わせた開脚座り
 この四つの座り方がおススメ♪


いかがでしたでしょうか。個人的に、2.のストレッチが本当に気持ちいいんです。どうしても痛い時は旦那さんに腰を押してもらっていますが‥。


料理の後、洗物のあとに、台に手をついて、腰を伸ばすのもいいストレッチになりますよ♪腰痛が酷いは辛いですが、これも愛しいわが子に会うため!!目標に向かって一緒に頑張りましょう♥


スポンサードリンク