ストレスとは、自分の体におきる悪い症状のことです。思うように仕事が出来なかった、気にしていたことを言われた、私にばかり負担がかかっている。など、主にイライラしてしまう気持ちになってしまう状態です。


スポンサードリンク





その人その人によって、ストレスの原因になっていることは実にさまざまで、その原因を取り除くことにより、ストレスは解消されていくわけです。


いつまでも、ストレスを抱えているということは、体にとっても心にとっても大変負担になっていきます。しかし、取り除くことの出来ない原因もあるため、その場合は何かを利用してストレス解消していく必要があるのです。


ストレス解消の方法には、実にさまざまな方法があります。ショッピングをする、おいしいものを食べる、体を動かして汗をかく、歌など大きな声を出すなど、たくさんの方法があります。


私には、まだまだ手のかかる子どもがいます。主人が仕事で家をあけがちなため、家のことはもちろん、子どもたちのこと、学校のこと、地域のこと、ほとんどのことを私一人でやっていかなければなりません。


イライラすることも頻繁にあり、体も心も疲れているときがほとんどです。しかし、弱音など言っている暇はないのです。私以外にできる人がいないからこそ、私が頑張らなければならないのです。


この頑張るということも、無理をしすぎるとバランスが崩れてしまいます。ひどくなると病気にもなってしまうので、とても難しいことだと思います。


スポンサードリンク





私の一番のストレス解消方法は、音楽です。大好きな曲を聴くだけでもいいし、カラオケなど歌うことによって少し気持ちが晴れていきます。


しかし、そういったことも出来ないくらい、ストレスが溜まってしまったときは、映画を見ます。頭の中を空っぽにして、ただボーっと画面を眺めます。


そのうちに、頭の中のもやもやした気持ちが少しずつ取れ始め、映画の内容にだんだんと入っていくことが出来ます。オススメのジャンルは、特にありません。


コミカルな内容の映画なら笑うことが出来ます。シリアスや悲しい内容のものなら涙を流して見ることも出来ます。少しでも気持ちを変えることが出来たのであれば、それでよいと私は思います。


泣くという行為は、簡単そうでなかなかできないことです。子どものときは少しのことで泣くことができたのに、大人になるととても難しいものです。


映画は、泣くという行為を大人でも簡単にできるための手段の一つだと思います。今日はたくさん泣いてストレスを解消しようと思って見るのもいいと思います。


反対に何も考えずに見始めたもので涙を流すこともあるかもしれません。しかし、どちらのことでも、泣くということができれば、それは良かったと考えられます。


以前、私は子どもたちと見ていた映画で、泣く予定ではなかったのに泣いてしまったものがあります。それは、クレヨンしんしゃんの映画です。


クレヨンしんちゃんとは、子どもには見せたくないアニメの常連です。しかし、映画シリーズは違い、だいたいどれもが感動できる内容になっていて、大人でも涙が自然と出てくるものが多いのです。


子どもの前で、泣くことは恥ずかしいことかもしれません。それでも、その泣いている姿を見せることによって、大人も子どもと同じ人間なんだよ。同じ気持ちをもっているんだよ。と伝えることも出来ます。


イライラしたり、爆発しそうな気持ちを泣くという行為で、ストレス解消できるのであれば、それはとても簡単な方法だと思います。上手に気分転換をして、また頑張っていきたいものです。


スポンサードリンク