私は思春期の頃からあらゆるダイエット法を試してきました。運動だったり、食事制限だったり、どれも効果は出てもすぐにリバウンドしてしまったりしてなかなか成功したという経験がありませんでした。


もともと、完璧主義で自分に厳しい義務を課すんですね。でもその負荷をかければかけるだけ反動が出てしまいストレスがたまり、元に戻ったり最初よりも太ってしまったなんて事もありました。


まずダイエットに失敗し続けて自信を失ってしまっている方。あなたが失敗してしまう理由は、意思が弱いからではありません。習慣が無いだけです。 つまり、スリムな習慣をつけていけばいいのです。


様々なダイエット法がありますが、成功する人としない人が出てくるのは何故でしょうか?成功する人は少し痩せたことが成功体験になって自分が目標に近づくイメージが沸き、楽しみがでてきますよね?


そうすると、心身の安定がまた次へとダイエットのやる気に繋がります。成功体験が多いほうが イメージを描きやすく実現しやすいのです。運動で痩せる人は運動が好きなのです。


ダイエットだからといって、一定期間がんばっても、もとの習慣に戻ってしまえばリバウンドするのは当たり前です。生活スタイルを変える。生き方を変える。考え方を変える。


行動を変える。なにかしらの習慣が大元になっているのでそこを変えなければカラダも変わらないのは当たり前なことなんです。


ワクワクするやり方を見つけ自分なりに工夫して生活そのものをデザインする習慣を持てば無理のない自然な形で変わっていくことができます。


スポンサードリンク





そうして成功体験を何度も自分に経験させてあげれば、ワクワクがワクワクを呼び続けます。イメージさえ沸けば経験していないことでも成功体験をつくる素が現実に現れてきます。


私がやって気持ちよくできて効果が高かったダイエット法はお風呂にゆっくり浸かることでした。


お風呂の効果は、直接的なものではなく、間接的に効いてくるものなんですが、まず、お風呂で汗をかくことは、体内に溜まっていた余分な水分や老廃物を排出することになるので、むくみの解消につながります。


さらに、身体が芯から温まって汗をかくことで、身体全体の代謝が良くなります。毎日お風呂に入る習慣をつければ、自然と基礎代謝量(=何もしないでも消費されるカロリー)も増えることになり、結果としてダイエットにつながるわけです。


つまり、お風呂に入ることで直接脂肪が燃えるということはほとんどないものの、長い目で見れば脂肪を燃やしやすい身体にしてくれる効果があるということになります。


結果を出せれば手段としてはなんでもOKだと思います。ただ、そのプロセスを修行にしてしまっては続かないので楽しむことに重点を置いた時、お風呂に浸かるということがリラックス効果にも繋がり、その日の疲れもその日のうちに取ってくれて、よく眠れるという、気持ちがいい習慣を作ることになり、結果にも繋がったということです。


運動は脂肪を燃やすという直接的なダイエット法ですが、私は運動は苦手ですし、食事制限もイライラがたまりやすいのでお風呂に浸かり、半身浴をするというのを選びました。


入浴剤にこだわったり、iPadで音楽を聞いたり映画を見たり、時にはキャンドルを持ち込んだり、そういった楽しむ工夫をどんどん取り入れました。


みなさんにも必ず、カラダにもココロにも気持ちがいいと思えるダイエット法があるはずです。あまり自分に厳しくしないであげてくださいね。


厳しくするのが好きという方はそれでいいと思いますし、それで結果もついてきているのだと思います。ハッピーという結果が欲しいのならハッピーな種を蒔く行動をとって下さいね。みなさんの1日1日が素敵になりますように☆


スポンサードリンク