生まれて間もない赤ちゃんも大人と同じようにうんちをしますよね。でも、離乳食を始める前で、ミルクで生活しているときもうんちをしています。


スポンサードリンク





母乳や、市販のミルクには栄養がたーっぷりと入っていて、バランスも整っているのですが、うんちはうんちでも、緩かったり、とってもくさい臭いがしたり‥


お母さんはうんち一つでも心配になりますよね‥。色も緑だったり、つぶつぶが入っていたり、かなり水っぽかったり‥。そんなとき、健康なうんちなのか、下痢をしているのか、どっち!?見分けがつかない!!


今日はそんなお母さんに、赤ちゃんの下痢の見分け方をご紹介します。


完全母乳で育てているお母さん、ミルクで育てているお母さん、母乳とミルクで育てている混合のお母さん。赤ちゃんと日々過ごしていると、「昨日はうんち出なかったな」「今日は3回もうんちが出た」と、うんちの一日一日の量がとっても気になりますよね。


赤ちゃんは一日の回数・量はその日によってまちまちなので、さほど気にしなくても大丈夫なんです!!大人の人でも食事後にうんちによく行きたくなる人と、一日に1,2回程度の人とまちまちですよね。


赤ちゃんも一緒なので安心してください♡ 下痢かどうか見分けるために、よーく見てほしいのは、うんちの色・質です。赤ちゃんのうんちを見てびっくりされたのはうんちの色が「緑」だったことじゃないでしょうか‥。


大人の人は緑のうんちでないですもんね。でも、あかちゃんのうんちは緑で正常なので、なんにも問題ありません。緑色・黄色のうんちは赤ちゃんの健康なうんちの証拠♪ また、つぶつぶが混じっているうんち・ゆるゆるうんちも健康なうんちの証拠です♪


スポンサードリンク





どうも、完母の赤ちゃんのほうが若干ゆるいうんちがでる傾向があるみたいです。水っぽい=下痢というわけではないんですね。


では、下痢かどうかの見分け方についてです。ぱっと見て、一目で下痢と分かるのは、「色」です。赤色・白色・黒色が出ていたらこれは危険信号⚠「赤色」とは、血が混じっている血便・イチゴジャムのような全体的に赤色なうんちが出ます。


これは、赤ちゃんのお腹の中に細菌が入ってしまったり、病気にかかったりしているサインです。早目の受診を!!


「白色」とは、灰白色のようなうんち・米のとぎじるのようなうんちが出ます。ウイルスに感染した場合や、肝臓に問題がある場合に白色のうんちが出ます。これも早目の受診を!黒色のうんちは、生まれたてのすぐの新生児は黒色のうんちが出ます。


しかし、退院するころには正常なうんちに変わっているはずなのですが、お家に帰って、正常なうんちをしていたのにも関わらず、黒色のうんちが出るようだったら病院に電話して聞いてみるか、直接行ってみてください。


次に、質です。普段から緩いうんちをしていると見分けるのは少し難しいかもしれませんが、水っぽいうんちを一日に数回ではなく、何回も頻繁にしているようであれば、下痢の疑いがあります。


赤ちゃんが元気でいつもと変わらないようであれば、水分をあげて様子を見てみましょう。少しでもぐったりしているようであれば、病院に行くことをオススメします。うんちにつぶつぶが混ざることがありますが、これは全く問題ありません。大丈夫ですよ。


下痢かどうか見分ける時に、いつもの赤ちゃんと違うところはないかもチェックしてみてください。
1.機嫌はどうですか?
2.微熱はありませんか?
3.食欲はどうですか?
4.うんちの回数は多いですか?
このチェックに少しでも疑問を抱くようなら病院に行ってみましょう。


いかがでしたでしょうか。最近の母子手帳にも見分け方の参考になる「うんちの色に注意しましょう」とうんちの色が載っているカラーページがあるのでチェックしてみるのもいいと思います。


うんちは健康のバロメーターとも言われるくらい大事なサインです。おむつ替えで赤ちゃんとのコミュニケーションを図りながら、母子ともに健康な日々をお送りください♪


スポンサードリンク