みなさんは、くびれた美しいウエストほしいですか?胴回りが太い人も細い人もやはり女性はゆるやかなあの美しい曲線、「くびれ」があってこそ!ですよね?細いや太いの基準は関係ありません。


スポンサードリンク





美しい曲線や円みが女性らしさです。ウエストラインを美しく保つには・・・実はズボンやスカート、下着をおへその上で止めてはいけません!


近年メディアはガードルなどで締め付けることで細く見えたりダイエットになるなどと謳っていますが、ご愛用なさってる方は気をつけて下さい。


お腹周りをきつく締めることで、血液の流れやリンパの流れが滞り体を冷やしてしまう原因となります。恐ろしいですよね。そして、お腹が2段・3段へとたくましくなっていくのです。。。


カラダも緩めてココロも緩めて生き方そのものを緩めることをおすすめします。これまで散々ダイエット情報が流行っては廃りの繰り返しで実際に成功する人は一部でどうしてなくならないのか?それは、楽しくないからです。


理想の自分に向かって楽しく出来たら続けられるけど、ダイエットと銘打ち、自分を締め付けるからいつの間にか挫折してやっぱり私には出来ないと負のスパイラルにはまってしまうのです。


人はそれぞれ価値観があり、楽しいという感じ方も人それぞれなのです。自分の気持ちはどう感じているかに向き合ってあげて自分流を見つけて下さい。


スポンサードリンク





もちろん自分のカラダを筋肉痛になるまで痛めつけるのが気持ちがいいという方は、そのやり方がその方に合っているのだからそれでいいのです。


さて本題のくびれたウエストの作り方ですが、私がおすすめするのはダンスです。音に合わせてダンサーになりきる!これだけです!シンプルですよね?これを楽しんでやってみて下さい。


このダンサーという所がポイントで、イメージはベリーダンスが近いでしょうか。みなさんの気持ちよいやり方でOKですが女性的な踊りを意識すれば自ずとウエストをひねる動きが頻発するでしょう。


これを鏡を見ながら音にノって美しく踊ります。自分に酔いしれて下さい。これがこのダンスでくびれたウエストの作り方の最大ポイントです。自分に酔いしれるなんて馬鹿みたいですよね。そうです。


”馬鹿になって下さい。”馬鹿になってなりきるのが最大ポイントなんです!鏡を見るというのは、美しいカラダのラインを意識出来るでしょう。そのまま、ダンスに夢中になって鏡からはずれて音に没頭してしまうのもアリです。


とにかく楽しむことが第一ですから。。。部屋の明かりを暗くすると五感が刺激されやすいので音をより感じやすくなります。蛍光灯の明るさより間接照明くらいのほうが気持ちが入りやすいでしょう。


そしてカラダのラインが見える服装のほうがよりウエストのくびれを意識できます。世の中には様々なくびれの作り方メソッドがありますが、わたしのおすすめする作り方は◯◯を●回●セットなど決められた動きはありません。


気持ちや感じ方に視点を置いたやり方です。どう動こうがあなたの自由です。なりきる間は徹底的になりきって、気持ちよくなって下さい。気持ちが乗らない時は無理にやらないで下さい。


これが習慣化していると不思議な事に普段からそのウエストのくびれを意識して動くことが自然とできてしまうようになるのです。そして自分にワクワクします。


自分に自信が無い人に最もおすすめします。せっかく女性として生まれてきたのだから、女性であることを思いっきり楽しんで下さい!


スポンサードリンク