私は、朝起きるのがものすごく苦手です。昔から急いで起きようとすると、立ちくらみやめまいがすることがあります。朝弱いから、そのせいかな~?と普段あまり気にしていなかったのです。


スポンサードリンク





ある日、風邪をひいて近所のクリニックを受診しました。あっさり朝の弱さの原因が判明しました。そこのクリニックでは、診察に血圧計測が含まれています。


血圧を測ってもらったものの、先生が『すいません、もう一度いいですか?』と言います。もう一度、測ってもらい…『もう一度だけいいですか?』と再び。計3回測りました。私は何かの病気だろうか?と不安になりました。


先生がやっと説明してくれました。『血圧があまりに低すぎます。低血圧と言われたことはありませんか?』自ら進んで計測することなどありませんでしたので驚きました。


数値は上が70前半、下が50を切りそうでした。正常な血圧の数値を知らないため、あまりピンときませんでした。


体の倦怠感、立ちくらみやめまい、片頭痛、ひどい肩こり、不眠、胃がもたれやすい、冷え性、手足の痺れなど…普段私が悩んでいた症状は、低血圧が原因だったのです。


先生の詳しい説明が続きます。低血圧は、一般的には病気とは言われません。また、現在の医学では低血圧の原因は不明なのです。稀に低血圧の症状に隠れた病気が考えられますが、あなたの場合は問題なさそうです。


スポンサードリンク





特に投薬治療は必要ないと思います。しかし、低血圧の症状で日頃の生活に影響が出ていると感じます。体質改善をすることをおすすめします。


体質改善…と言われてもさっぱり何をしていいのかわかりませんでした。先生にアドバイスされた内容ですが、体の冷えを防ぐこと(出来る限り湯船に浸かる、温かい飲み物を飲む。)一日三食の食事をきちんと食べること。


塩分は少し多め、良質なたんぱく質を摂取すること。(卵、乳製品、お肉、お魚や貝類、大豆、米など)睡眠時間をしっかりとって、寝不足の状態を避けること。適度な運動を行うこと。


ストレスを溜めず、自分に合った解消法を見つけること。簡単な話、規則正しい生活に食事内容に少し気を付ければいいのだよ~とあっさり。


自宅に戻り、母に病院での話を伝えてみました。すると、母もまた祖母も同じくらいの低血圧で悩んでいたということでした。年を取るにつれて、少しずつあがってきたもののまだ同年代の人に比べると血圧は低いままだそうです。


デスクワークが仕事の私はいつも体を動かすことはありません。通勤時に少し歩くくらいでしょうか?このままじゃまずいと思い、少しずつ実践してみました。


朝はすぐに起きようとするのではなく、早めのアラームで目を覚ましごろごろして体を温めてから起きるようにしました。朝食はいつも食べないことが多かったものの、塩おにぎり1個でも口にするようにしました。


アイスやプリンなど冷たいデザートやジュースが大好きでしたが、極力控えて温かいお茶やコーヒー、紅茶を飲むようにしました。休みの日は15分でも散歩に行き、夜は早目に寝ました。


すぐに症状が改善した!とは言い難いですが、朝の立ちくらみ、薬を飲まないと耐えられなかった片頭痛、ひどい肩こりや手足の痺れに悩まされることが減ったような気がします。


色々な場所に血圧計が置いてあります。一度、測ってみてください。低血圧の症状かな?と思ったら、まず病院へ。病気ではないと分かったら、生活改善をしてみてほしいです。


スポンサードリンク