昔、ニキビは、青春のシンボルとも言われていた時もあります。しかし、現在では青春し終わった人にも、大人ニキビと呼ばれて出てくることがあります。そもそも、ニキビとは一体何でしょうか。


スポンサードリンク





ニキビは、思春期など年齢が関係してきます。体の中でホルモンに変動があり、それによって皮脂が多く分泌されてきます。この分泌された皮脂が、毛穴につまり発疹が出来るのです。これがニキビの正体です。


また、毛嚢と呼ばれる毛根を包んでいる皮膚組織の出口部分にアクネ菌というものがおり、これらの作用によって炎症が引き起こされます。


ニキビの治療方法としては、正しい洗顔を行うことで、余分な皮脂を洗い流し、毛穴がつまらないようにします。手のひらでしっかり洗顔料を泡立てて、やさしく包み込むように洗います。


そうすることで、泡が毛穴の中に入りやすくなり、汚れや皮脂を落としやすくするのです。泡立てが少ない状態で、洗顔を行うと皮膚がかえって傷つきやすくなってしまいます。


洗顔をすることによって、ある程度ニキビができるのを防ぐことはできますが、できてしまったものには、薬を塗って治療していくほうが良いと思います。


私も、ニキビができてしまったときは、普段使用する洗顔料をニキビ専用のものに変えました。洗顔料だけでなく、市販されているものにはニキビ用の化粧水などもあります。


スポンサードリンク





ニキビに直接使用するものなので、少しでも専用のものが良いと思います。今は、市販されている薬もニキビに対して作られたものが多く販売されています。


しかし、できているニキビの種類によっては効果がないこともあるので、まずは自分のニキビがどのような状態かよく観察することをオススメします。


ニキビの初期段階は、白ニキビといって特に痛みもなく、小さく盛り上がっている状態です。このニキビが少し進行したものが黒ニキビと呼ばれます。鼻のポツポツや黒ずみなどがこれにあたります。


この黒ニキビはできる人とできない人にわかれます。ニキビの悪化の最終段階ともいえるものが、赤ニキビです。これは、見た目にもわかるほどニキビが大きくなり、中に芯ができてしまったものです。


この状態のニキビを無理につぶして芯を出そうとしてしまうと、ニキビ跡になってしまう可能性が大きいです。市販されている薬でどれを購入しようか悩んでいる時は、まずは、オロナインを使ってみてください。たいていの人の自宅にあると思われる薬です。


実は、赤ニキビに使用すると結構効き目があります。人によって、効果の差があり反対に炎症を起こすこともあるかもしれません。しかし私には効き目がありました。


もちろん、市販されているニキビの薬も、同じ症状だからといって必ず効果があるわけではありません。思ったような効果が得られなかった人も、もちろんいることと思います。


薬も決して高くはないものです。いろいろな種類を試すことが難しいので、そういった時はまず、医療用成分が配合されているものを選ばれてはいかがでしょうか。


これは、病院で使われている薬と同じ成分が、市販薬にも使用されているということです。出来れば皮膚科に行って診察してもらうのが一番良いのですが、忙しくて病院に行くことができないという方にはオススメです。


ニキビは、正しい洗顔、治療薬。そして、規則正しい生活で治っていきます。甘いものばかり食べずに栄養バランスの取れた食事をとることも大事な治療方法です。


スポンサードリンク