風邪といえば、代表的な病気の一つです。老若男女、誰もが一度はかかったことがあると思います。一年を通して、どの季節でも風邪はひいてしまいます。風邪の症状といえば、鼻水や鼻づまり、咳や喉の痛みがあります。


スポンサードリンク





一般的に、風邪の細菌が喉につき、そこで増殖し、喉が痛くなります。そのために、うがいをすることが予防策として効果があるのです。鼻水とは、鼻にいる風邪の細菌をやっつけるために、自分の体が戦っている証拠なのです。


鼻水は、細菌と戦っている白血球や細菌などの両者の死骸なのです。そのため、初めは透明でさらさらしていた鼻水が、死骸が含まれてくるために、だんだん黄色や緑色の粘り気のあるものに変わっていくのです。


鼻水の様子だけでも、今、自分の体の中でどうなっているかが判別できるのです。花粉症の症状でも、鼻水は出てきます。しかし、風邪の時とは違い、いつまでたっても、透明な水のような鼻水が出てきます。


このことから、風邪との違いに気づくことができます。わが家の子どもは、よく鼻風邪をひきます。鼻水が出てきても、反対に少し症状が良くなって鼻づまりになってきても、結局ぐずぐず言ってきます。


どちらの症状も、子どもにとっては、辛いものになるのです。鼻づまりの時は、鼻の通りをよくするための市販薬を、眠る前に、呼吸がしやすくなるように胸に塗ってあげたり、室内を加湿したりしています。


早い時期に小児科に連れて行き薬をもらうことが、早く治る一番の方法だと思いますが、鼻風邪の時は耳鼻咽喉科に連れて行き、診察してもらっても良いと思います。


スポンサードリンク





子どもは、上手に鼻をかむことができません。鼻づまりをしている時も、思い切り鼻をかみ、出そうとします。鼻づまりの時は、鼻をかんでも出てくることはありません。


そのため、子どもは鼻を外に出すのではなく逆に吸い込んでしまう事が多いのです。こう言ったことを何度も繰り返していると、やがて耳にきてしまい、中耳炎を起こしてしまいます。


中耳炎になってしまうと、とても痛いですし、耳に膿がたまって切開をしないといけなくなる場合もあります。そうならないためにも、特に小さい子どもの場合は、鼻水を吸い取ってあげるなどして、症状を軽くしてあげることが大切です。


鼻水を吸い取る器具も、赤ちゃん用品を扱っているお店などで売っているので、それを活用すれば簡単に吸い取ってあげることができます。


わが家の子どもたちは、赤ちゃんほど小さくはないですが、まだ上手に鼻をかむことができない時があります。そのため、今でも鼻水を吸い取る器具を使って、鼻水をとってあげることもあります。


鼻水などの鼻風邪は、たいていの場合、白血球が細菌との勝負に勝ち、時間の経過とともに症状は治っていきます。しかし、いつまでも鼻水などの症状が治らない場合は、別な病気であることもあります。


副鼻腔炎や蓄膿症などといった病気でも、黄色や緑色の粘り気のある鼻水が出てきます。症状がひどくなってきてしまうと、頭痛をおこしたり、食べ物の味がわからなくなってきたりしてしまい、生活にも支障が出てきます。普段より、見慣れた症状の鼻水ですが、こういった病気に進行してしまってもいけないので、早目に病院で診察をしてもらいましょう。


スポンサードリンク