私は、旦那と子ども二人の四人家族です。旦那は、仕事が忙しく、育児にもあまり関われていません。朝早く出社し、夜中に帰宅する日が続きます。慣れない育児は、大変な事が多かったです。


スポンサードリンク





まだ子どもが小さいので、私と二人だけの生活の日が続きます。接する時間が少ないため、子どもには、父親というものが理解できているのだろうかという不安は常にありました。


別にのろけるわけではありませんが、私の旦那は、優しくて家族想いの人です。今でこそ、仕事が休みの日などは、子どもの面倒を見てくれたり、料理も作ってくれ、家事も手伝ってくれます。


私も特に、これといった不満もストレスもありませんが、以前はありました。初めての育児は、誰も頼る人もいない土地で行いました。何もかもが不安で、大変でした。まだ子どもも小さいので、毎日自宅で一緒に過ごしていましたが、ある時に、ふっと思うのです。


私は、今日も、誰とも話をしていなかったと。子どもに話しかけてはいるものの、返事をしてもらえるはずもありません。会話は一方通行です。と、いうより会話にはなっていません。


会話というものは、実は何気に、ものすごく大切で重要な事なのだと気づきました。私たちは、普段より何かしら頭の中で物事を考えています。考えた事をはきだす事により、気持ちを落ち着かせることが出来るのです。


声に出して会話をしなくても、紙に書き出すだけでも違います。このことがうまく処理できていなければ、いずれ爆発してしまうストレスになってしまいます。誰かに話を聞いてもらいたい時に、それが出来なくて、私は少し情緒不安定になってしまいました。


少しだけと言っていたのに、話し始めたら長くなってしまうかもしれません。しかし、仕事が忙しくなってしまった時こそ、話を聞いてほしいのです。


もう一つ、私は育児中にストレスが爆発したことがあります。それは、旦那の行動です。仕事が休みの日は、自宅でゆっくり過ごしたいと思います。しかし、育児は年中無休で行わなければなりません。


私たちに休みは、ほぼ無いのです。旦那が普段何気なくしている行動に腹が立つ時があります。旦那が自分にだけ、コーヒーを入れました。これだけの事で不愉快な気持ちになる時があるのです。


私も今、コーヒーを飲みたいけれど、手が離せれないし、この後は、あれをしないといけないから、一人だけいいなと、うらやましくも思いながらも怒りの感情があります。


これは、どんなに短い時間でもゆっくり過ごせる、リフレッシュできる時間がなかったからです。時間にも心にも余裕がないため、ささいな事でイライラしてしまい、ストレスとなっていました。


今日は仕事が早く終わりそうだから19時に帰るよ。と、連絡がありました。もちろん私は19時に帰ってくると思います。しかし、帰ってこないのです。


連絡してみると、遅くなるから20時になりそうとの事でした。でも、20時に帰って来ることはなく、結局帰って来たのは22時でした。そういった事が、何度か続いて、私は一つ学んだのです。旦那をあてにしてはいけないということです。


早く帰って来るという言葉を鵜呑みにし、期待してしまうからこそ、裏切られた時にストレスとなってしまいます。余計なストレスを溜めないために、旦那を信じているけれど、半分くらいの気持ちで頼ればお互い上手くいくのです。育児は、一人で行っていく事は大変です。周囲の人の力を借りながら、ストレスを溜めない育児をしていきたいと思います。


スポンサードリンク