私は産まれてからずっと、大きな病気をすることもなく健康でした。二人目を授かったときに、まさかの病気になってしまいました。妊娠中ということもあり、いつも以上に健康管理に気をつけていたはずでした。ある時の妊娠中の定期健診で、それは発覚してしまいました。検査の値の数値が高く、高血糖と診断されました。


スポンサードリンク





高血糖、つまり妊娠糖尿病ということでした。妊娠前に糖尿病になっていたことはないので、初めての病気です。一般的に糖尿病の症状に、口が渇く、尿にあまいにおいがしたり、疲れやすいというものがあります。


私の場合、あまり自覚症状はなく、妊娠中だからトイレが近いくらいに考えていたので、糖尿病と診断されてものすごくショックを受けました。実は、トイレの回数が多いというのも、糖尿病の症状の一つだったみたいです。


また、切迫早産の傾向もあって、病院へすぐ入院ということもあり、不安でいっぱいでした。一人目のときも、検査で糖は出たのですが、すぐに値も正常になったため問題はなかったです。


しかし、今回は値があまり下がらず、高血糖のままだったので産婦人科だけでなく、糖尿病外来にもお世話になりました。入院中の食事は、全て管理栄養士さんが作っていてくれているので、食事した2時間後にはかる血糖値の値も正常値範囲内でした。


あわせて、食事前にインシュリン注射も自分でしていました。初めは自分でうつのが怖くてドキドキしていました。しかし回数を重ねてくると大丈夫になってくるので、慣れって怖いなと思いながら注射をしていました。


注射の針を刺すところも、少しずつ換えてうっていました。時々、神経と思われるところに、針が刺さると、ものすごく痛かったです。


高血糖の症状が続いてしまうと、お腹の中にいる赤ちゃんのまわりにある羊水の量が増え、それが赤ちゃんにとっても危険な状況になってしまうということでした。縁あって、私のところに来てくれたので、苦しい思いをさせるわけにはいけませんでした。


もともと、妊娠前に甘いケーキやミルクティーが大好きだった私ですが、今は甘いものを食べることができないので我慢することが大変でした。


スポンサードリンク





高血糖の状態が続くと、インシュリン注射で血糖値を下げるわけですが、入院中に一度だけ、血糖値が下がりすぎて、ナースコールした時がありました。


そのときは、ブドウ糖が含まれているラムネみたいなものを処方され、事なきことを得ました。もし、退院して外出中に低血糖の症状が出てしまったときに、手元に薬がない場合、バナナやジュースを摂ってねと言われました。


切迫早産のほうも落ち着き、予定日まで1ヶ月になったので退院することができました。今は自宅で、インシュリン注射をうち、食後の血糖値をはかる生活をしています。


特に変わった症状が出ることもなく、今はとても安定していると思います。お腹の子が産まれるまでは、このインシュリン注射や血糖値測定を続けなくてはいけません。


正直、面倒だなと思うときがありますが、産まれてくるかわいい子供のためにあと少し頑張りたいと思います。そして、出産後は値や症状も良くなってくると思うので、今度は妊娠糖尿病でなく糖尿病という生活習慣病にならないように気をつけていきたいです。


スポンサードリンク