日に日に酷くなっていく頭痛や吐き気、いつもと少し違う症状が続いていました。もう一週間以上、内科で処方された一般的な総合風邪薬を服用し続けていました。しかし、悪化していくばかりであまりにも治る気配がないので、病院を変えてみました。


スポンサードリンク





他の内科を受診するか悩みましたが、鼻の奥が詰まったような感じと少し変な臭いがしたので耳鼻科を受診しました。すると、風邪だと思っていたところ副鼻腔炎という病気でした。


熱が出て、頭痛がひどい。(頭がぼーっとするような感じ)黄緑色のどろどろした鼻水が出る。目の奥が痛くて吐き気がする。副鼻腔炎の特徴的な症状ですね、と先生に言われました。


風邪と違った症状と言えば、鼻の横(頬骨あたり)を押すと痛みがあったり、鼻の奥から変な臭いがして、食べ物などの臭いが分からなくなったくらいでしょうか。


顔のレントゲン写真を撮り、ちょうど鼻の位置あたりに膿が溜まっているのが確認出来ました。吸引で鼻水や膿を吸出し、ネフライザーで吸入をして帰りました。


一時的にですが、鼻がすっきりして頭痛がおさまりました。薬は、抗生剤と鎮痛剤を処方されました。薬を飲めばすぐに症状も治まるものだと思っていました。


気づいたのが遅かったせいか症状が重く、「完治するまでの間は2~3日おきの通院をする必要があります。治療は個人差があるものの1か月~3か月くらいはかかるでしょう」と先生に言われました。(長い人は半年くらいかかる場合もあると聞きました。)


スポンサードリンク





副鼻腔炎は、症状がなくなってもきちんと治療して治しておかないと癖になりやすい。元々アレルギー体質の私は、悪化しやすく癖になりやすいので注意してほしい。


ストレスが溜まって体の免疫力が落ちているとかかりやすい上に治りにくい。そのため服薬や通院はもちろんのこと、栄養バランスの整った食事と規則正しい生活が一番早く治る方法だと先生に何度も繰り返し言われました。


それ以外では、しっかり鼻をかんで溜めないこと。部屋の乾燥を防ぐため、適度に加湿をすること、(部屋に濡れタオルを干してもいいとのこと)とアドバイスを受けました。それからは、とにかく鼻をひたすらかんでいた気がします。


鼻水が溜まってくると、頭痛がひどくなり鎮痛剤を飲んで…前かがみになると痛みが増して、デスクワークの私にはとても辛かったです。痛みがひいたと思ったら鼻が出ての繰り返しでした。


ゴミ箱はティッシュの山で、薬のせいか眠気が出たりしてなかなか仕事に集中できませんでした。鼻をかみ続けるせいか、乾燥すると赤くなったり、痛みが出てしまいました。化粧水で顔の保湿をしたり、加湿機をつけて部屋の湿度調整をし、過ごしました。


私は、1か月半の治療で治りました。重度だった割には、抗生剤がよく効き治りが早かったようです。毎回の通院は時間だけでなく、病院の費用もかなりかかりました。


副鼻腔炎に何度もかかったり、重症になった場合は手術が一番早く完治させる方法だそうです。内視鏡での手術のため比較的短時間で済み、痛みも少なく日帰りで手術可能と説明を受けました。


私は、いつも頭痛や体のだるさから風邪の症状が出ます。今回の副鼻腔炎の症状も、てっきり風邪だと思っていました。普段の風邪と少し違うな?と感じた場合は早めに耳鼻科の受診をするのが一番だと思います。


スポンサードリンク