最近、体が疲れやすい、眠いし、一体どうしたのかな?何かの病気?と一瞬不安な気持ちになったけど、自覚症状は疲れやすいってことと、眠いってことだけ。


スポンサードリンク





その他には特に不調なところは思い当たらないし、病院に行くほどでもないのかな~?そのうち治まってくるかな?となんとか自分に言い聞かせてみる。年齢的にも体質がおかしくなってるのかな?


自分で出来ることと言えば体質改善!そう、やっぱり体の中がおかしくなってるんだね。お菓子を食べる量も増えてきてるし、食事も脂っこいものが多い。


遅くまで動画みたりしてるもんだから常に睡眠不足だし…。心当たりが多すぎるじゃないか!!疲れやすいよりは疲れにくい方がいい。眠いよりは眠くない方がいいしね。


とにかくこれ以上、眠いと仕事中に本当に寝てしまうわ。睡魔と闘うのはもう限界…。体質改善を本気で考えよう。体質改善なんて今まで考えたこともなかったし、今まで雑に扱ってきた体のメンテナンスをしよう!


ということで、疲れやすい!眠い!という症状について、いくつかの原因と改善方法について本気で調べました。


まず1つ目は、食生活の乱れです。最近では、3食きちんと食べる方が減ったり、偏った食事をする機会が増えてしまったりと、無意識の内に食生活が乱れてしまっているようです。


スポンサードリンク





体が疲れやすくなる原因としては、ビタミン系の栄養の不足が挙げられるようです。ビタミンは体の必要な栄養素で、たんぱく質や炭水化物といった体のエネルギーの代謝を助ける役割をしています。


このビタミンが不足してしまうということは、エネルギー代謝が上手く出来ず、結果として疲れやすく眠くなってしまう体質を作ってしまいます。


改善する方法としては、とてもシンプルで、出来るだけ3食しっかりと食べることです。


また、お肉だけ食べるなどの偏ったものだけを食べるのではなく、野菜も意識して食べることで、以前よりも食生活が改善され、疲れにくい体を作ることが出来ます。


2つ目は、ストレスです。ストレス社会と言われている今日なので、ストレスのないように、ということは難しいですが、ストレスは感じているだけでも体に負担がかかってしまい、一気に体が疲れてしまい、異様に眠気が襲ってくるそうです。


ストレスを回避することは難しいですが、趣味を楽しんだり、気持ちが安らぐ場所などを見つけることで、安心感が湧き、ストレスが軽減するようです。


また、ストレスを感じている時は筋肉も緊張しているそうです。体を温めるだけでも筋緊張が緩み、リラックスできるのでお風呂に浸かって『ぼけ~っ』とするのもいいですね。


3つめは、運動不足です。運動するということは、ストレス解消にもなりますし、体の代謝を助ける役割をあります。私のように事務仕事をしている人や、私のように普段あまり体を動かす機会がない人は、1日の疲れがなかなかとれないそうです。


しかも、体を動かしていない分、代謝が悪くなり、眠りが浅く、どんなに寝ても眠いという恐ろしいことが起こってしまいます。


運動不足を改善するためには運動することが一番いいのでしょうが、運動が苦手な方や、ジムに通う時間がない!という方がほとんどですよね。


運動が苦手の方でも、ストレッチやヨガなどの家でも簡単にできるものもあります。試してみるとそんなに体を動かしていないようでも、結構汗をかいてたりして、体がすっきりとしたように感じますよ。


体を動かすと自然と眠くなってきてすぐに寝付くことが出来るので、運動は簡単なことでも毎日続けることが大切ですね。


4つ目は頑張りすぎる怠けすぎることです。この2つの言葉は対称的ではありますが、この2つのバランスは疲れにくい体質に改善していく中で大切なことのようです。


例えば朝から夕方は活動モードで、夜から朝にかけてはリラックスモードに切り替える。という感じですね。生活のリズムを整えることはとっても大事なことなんだと身をもって感じました。


体質改善というと、何か特別なことをしないといけないのかな?と身構えてしまいますが、よくよく考えると、規則正しく、体に優しい生活習慣を守って毎日生活するということでした。


スポンサードリンク