人見知りが酷いので何とか克服したい!どんな方法があるのか知りたい!と悩んでいる人は結構多いと思います。私も昔、人見知りが激しく、辛く寂しい思いをたくさんしてきました。いろいろな人見知り克服方法といわれているものを片っぱしから挑戦してきました。


スポンサードリンク





そこで、私が特に印象強く残っている効果のあった人見知り克服方法と心構えをお伝えします。日常生活の中で実践できるものばかりなので、今まで色々な人見知りの克服方法を試された方もぜひ参考にしてみてください。


1つ目はギブ&ギブの精神です。
「私がこんなにも話しているのに、この人は何も話をしてくれない」、「なぜ私ばかりが情報を与えてばかりいるのか」など、ついつい見返りを求めてしまうことがよくあると思います。このようなギブ&テイクの精神では人を楽しませることもできないし、自分自身も楽しくおしゃべりなどできません。


しかし、「人を喜ばせたい」、「楽しませたい」といった気持ちで話をしていけば、自分自身も楽しくなり、社交的になることができます。このギブ&ギブの精神を持つことが、人見知りを克服する第一歩だと思います。


2つ目は相手の興味を見抜くことです。
何に興味があって、どんなことが好きなのかといったことが、人と接していて分かるようになります。それがいち早く分かるようになるには、「心から相手の話に興味を持つ」ということが大切です。


例えば映画鑑賞が趣味である人がいたのなら、その人のお勧めの映画を聞いてみたり、反対に自身の好きな映画について話をしてみたり、相手の趣味の話で様々な会話が出来るようになります。


また、反対に相手の苦手なことでもそれに共感することによって、相手が心を開いてそこから話が弾んでいく、ということもあると思います。相手の話を「聞く」のではなく心から「聴く」ことによって、社交的になれると思います。


スポンサードリンク





3つ目は人の目を気にしないことです。
人によっては、他人からどのように思われているのかを気にしてしまって、うまく話すことが出来ない、ということがあるのではないでしょうか。確かに、人の目は気になるかと思います。


しかし、あまりに気にし過ぎてしまうと「こんなことを言ったらこの人から嫌われる」といった風なネガティブな思考が頭を過ぎり、更に他人と話すことが出来なくなってしまいます。


そうならないためにも、人の目を気にせず、ありのままの自分でいられるように、ある程度開き直ることが大切です。


4つ目は自分に自信を持つことです。
3つ目とリンクする部分がありますが、まず、自分に自信のある人は社交的な人が多いイメージがあります。今すぐに自分に自信を持つ、ということは難しいかと思いますが、生活していく中で自分に自信がないというのは、あまりにも悲しいことです。


自分に自信を持つ第一歩として、1日で出来たことを最低3つ挙げてノートに記す、ということをしてみてはいかがでしょうか。これは、長期的な目標がない場合でも簡単にできるトレーニングだと自負しています。


「自分でもこんなことが出来る」ということが増えてくれば、自然と自分に自信が持て、人と接することも怖くなくなるかと思います。笑顔一つ意識してできた!というのもありです。


というか、笑顔で人と接することができれば最強ですよね。まずは女優になったつもりで意識して演じてみましょう。


5つ目は初対面だと思わないことです。
人見知りの人は、初対面の人と話すことが苦手なだけで、友人や家族といった馴染みのある人とは普通に話すことが出来ます。これを踏まえて、初対面であってもそうではないと頭の中でイメージさせて接することが出来れば、楽しく人と接することが出来るのではないかと思います。


人は、現世で出会う人は、必ず過去に何らかの関わりのあった人だといわれています。あなたが今苦手としている人は、ひょっとして前世でお母さんだった人かもしれません。いや、子供かな?旦那さまか奥様だったかも…


スポンサードリンク