先日やっと、子供用品で溢れかえっている押入れを片付けました~。我が家の子ども2人も小学生になり、さすがにこれはもう取っておいても邪魔なだけ・・・・という物がいっぱいでした。


スポンサードリンク





その中の1つ、押入れの結構なスペースを占領していたベビー布団。何度も処分しようと思ったことはあったのですけどね。もしかたらまた使うかも、誰かに譲れるかも、捨てるのも燃えるごみ?リサイクル?なんて考えるとまだいいか・・・と思ってしまいそのままでした。


このベビー布団、子どもたちはいつまで使っていたかなぁ。確か上の子の時に購入して、上の子が2歳になった時に産まれた下の子にシフトしたんですよね。


上の子は2歳あたりからかなり寝相が悪くなってきていたので、ベビー布団からはみ出ることしょっちゅうだったので早々と大人と同じシングル布団に変えたんですよ。


下の子はそれこそ3歳までずっとベビー布団を使っていて、保育園でお昼寝用の布団が必要だったのでそのままこのベビー布団を使っていました。


それでもさすがに4歳の年中さんの時には小さくなっちゃっていたかなぁ。結局いつまで使っていたかといえば下の子が4歳までか。


でもこれ、たぶん長く使ったほうだと思いますよ。普通ベビー布団を使うのは1歳くらいまでだと思いますから。なんてったって『ベビー(赤ちゃん)の布団』ですからね(笑)


そもそも赤ちゃんを大人と同じではなく、マットが固めのベビー布団に寝かせるのがいいというのは、大人用の大きな布団、柔らかい布団に顔が埋もれて窒息してしまわないためだとか。


スポンサードリンク





なので赤ちゃんが自分でゴロゴロと寝返りができるようになる生後半年過ぎれば、必要以上にベビー布団にこだわることもないのかもしれませんね。とはいえベビー布団の利点を考えると年齢関係なく使えるだけ使っているお家もあるでしょうね。

  • 小さいから片付けしやすい
  • (子どもが自分で広げれるのでお昼寝など大人が手伝わなくていいのでらくちん)

  • 寝室スペースの邪魔にならない
  • おねしょされても洗える
  • (ちょうどベビー布団と同じサイズの防水シートもあるしね)

  • 保育園(幼稚園)でのお昼寝用に使う
  • 兄弟間で使い回せる・子どもが愛着をもってしまう(笑)
  • などなど。


    結局のところ、ベビー布団をいつまで使うかは、それぞれのお家の事情や状況、子どもの成長具合で決めればいいのであって『絶対いつまでしか使えない、何歳で使うのを止める』というのはないのだと思います。神経質に考える必要なしですね!


    目安として、子どもの寝相が悪くなったら、大人と一緒に寝たがったら、保育園(幼稚園)に上がる3歳くらい、トイレトレーニングが終わるまで、布団が明らかに小さくなった、布団がくたびれてきた・・・・とかそんな感じでお役目御免!でいいんじゃないでしょうか。


    こうやって我が家のくたびれて小さく見えるベビー布団を見ると、子どもたちも大きくなったもんだとちょっと感慨深くなりますね。でもいつまでも押入れに置いておくわけにもいきませんので、頑張ってくれたベビー布団に感謝の意を込めて、きちんと処分しようと思います!


    絶対ないのですけど万が一、3人目ちゃんができちゃったとしても、もう今度はベビー布団は買わないかもしれませんねぇ(笑)赤ちゃんの時期はあっという間に過ぎて、すぐに使わなくなりますからねぇ・・・・買わないって選択肢もありですよ!


    スポンサードリンク