最近妙に頭痛や肩こりに悩まされるようになりました。家の階段の上り下りでさえこんなに息切れがするようになってしまうなんて。体力には自信があったし、これまでにこんな症状がでることも無かったので、母の介護の疲れと更年期障害かなにかかしら、と思っていたのです。


スポンサードリンク





まあ私も50歳を過ぎ、体が衰えてきてもおかしくないわよね?と夫に相談すると「とりあえず次の土日は俺がお母さんの面倒見るからお前はゆっくりしていなよ。」と私のことを気遣ってくれました。


夫は、うつ病の母の介護をどうにかこなして、食事もまあまあのものを作ってくれました。滅多に料理をしない夫の手作りのカレーやお味噌汁なんかは、味は正直「うーん…。」でしたが久しぶりにとても嬉しく感じました。


私も二日間介護のことも忘れ、ゆっくりしていると、頭痛やら肩こりの症状がほとんど感じられなくなっていました。「あーよかった。私やっぱり疲れてただけだったんだわ。」と安心し、夫に感謝しつつ、またがんばろう!と思ったのですが…


翌週からまた頭痛や息切れの症状が出てきて「あれ、なんかおかしいな。」と不安になってきたのですが、少し休めば収まるし、もし大きな病気だったらもっと重い症状が出るんじゃないかとあまり気にしないようにしました。


母は軽度のうつ病であまり会話も成り立たなくて一人にしてしまうと何をしてしまうかわからないので毎晩寝付くまで横について、寝付いたら私もその横で布団を敷いて寝るという不規則な生活を送っていたんです。


母もすぐ寝てくれる時もあれば、ぜんぜん寝てくれなかったり、すぐ起きてしまう時もあり、私自身の睡眠時間もとても不安定でした。しっかり眠れた日は体調も気分も良いのだけど、あんまり眠れないと頻繁に頭痛や息切れをするような状態でした。


ただ、そこまで私自身も大事に思っていなかったし、そもそも自分のことを心配する余裕なんて、母の介護に終われる毎日の中で皆無に等しかった。


スポンサードリンク





けど大切な母。無下にする気もないし、自分は二の次でした。だんだん症状が酷くなり、頭痛、息切れに加えて目眩や耳鳴り、動悸も起こすようになり、「きちんと病院で診てもらおう…」と思い


夫にもう一度相談すると、会社を休んで母の面倒を見てくれることになり、近くの病院にいくことになりました。病院に行きお医者さんに頭痛などの症状のこと、休むとそれが治まることなどを話すと、お医者さんから思いもよらない一言が。


「あなた、高血圧かもしれませんね〜。」私が高血圧?今まで考えたことも無かった病名を言われ、愕然としました。病院内の機械で血圧を測ってみると最大が130mmHg、最小が87mmHgとのこと。


この数字を見てもさっぱりわからないので看護師さんに聞いてみると大体の基準が判明。それによると高血圧とされる人は最大が135〜140mmHg以上で、最小が90mmHg以上らしくてその中でも特に最小が高いと危険らしい。


私の数値はどっちもほんの少しだけ下回るものの油断できないギリギリの数値だったようです。きちんと病院で診てもらって本当によかったです。


それでお医者さんに話を聞くとさらに恐ろしい事実を知らされました。高血圧が進むと動脈硬化に発展し、脳卒中や心臓病に繋がり、最悪の場合…恐ろしい!


最後の一言はなんだか怖くて書けないわ。私のように高血圧の症状を、単なる疲れと軽く見てると大変なことになってしまいます。


高血圧というと薬をたくさん飲まないといけないという印象があり覚悟していると意外にも一種類の症状を和らげる薬だけ処方されたんです。


話を聞いてみると、生活の中でいくつかの点に気をつけて生活していれば、高血圧も予防、解消が可能、とのこと。そのいくつかの点というのがなかなか簡単に聞こえて難しいのですが…

  • 寒暖の差に気をつけること
  • 休息、睡眠をしっかりとること
  • ストレスをなるべく減らすこと
  • 酒、タバコは控えること



のようです。その中でも特にタバコは急激に血管を収縮させてしまい血液の流れを悪くしてしまうらしく特に注意が必要のようです。幸いうちでは私も夫も喫煙者じゃないのでここは一安心。


お酒もあんまり飲まないし。ただ、母の介護でストレスを感じてしまったり、睡眠時間が不足してしまったりするのは、今の状況だと、どうしても改善は難しいと感じてます。ちょっと不安になってきたので、帰宅した夫に相談してみました。


するとまたここでも思いもよらない一言が。「俺ももうそろそろ定年だし、平日も今より早く帰れないか、上司に相談してみるよ。」ですって。


正直そこまで私の体調を気遣ってくれるとは思わなかったので、なんだか嬉しくて泣いてしまいました。突然私が泣き出すものだから夫もびっくりしたようで二人で笑ってしまいました。


二人で笑ったのなんて何年ぶりだろう。そして夫は上司に話をしてくれて、それからは3時間ほど早く帰宅、介護を手伝ってくれています。


最初は慣れない作業でイライラしてたみたいですが、今ではちゃんと母の面倒を見てくれて、私も前のような症状はほとんど出なくなってきました。


でもまたいつ高血圧の症状が発症するかわからないし油断は禁物と思って、月に一回くらいのペースで病院に検診に行ってます。周りの同年代の友人にも頭痛などの症状で悩んでいたら、高血圧じゃないの?って教えてあげようと思っています。


スポンサードリンク