辛いつらい花粉症‥。季節的なものの人もいれば、年中花粉症で頭を悩ませている人もいるかと思います。花粉症は本当に辛いですよね。花粉症の症状は人によって少しずつ違いが出るみたいですが、今日は花粉症の症状の一つである咳についてお話ししたいと思います。


スポンサードリンク





まず、花粉症とは何なのでしょう。花粉症とは、ヒノキやスギ等の植物の花粉が原因で、体の免疫反応が過剰に反応して、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状が出る病気です。


日本では、ヒノキやスギの木の他にも、稲・ブタクサ・ヨモギ等約50種類の植物が原因とも言われており、日本人の約25%が花粉症です。では、具体的にどんな症状が出るのでしょうか。


一般的に出やすいのが、目・鼻です。目はかゆみ・充血・はれ、鼻は鼻づまりがひどい・鼻水が垂れる・くしゃみが止まらない等です。その他、頭痛・めまい・イライラする・咳・集中力の低下等もあげられます。


風邪とよく似ているんですが、「毎年この時期になるか‥」や、「目がかゆい」、「熱はないけど、鼻水、くしゃみが止まらない」等は花粉症の疑いがあるので、一度内科、耳鼻科、眼科、耳鼻咽喉科に行ってみて下さい。


花粉症といえば、鼻水→くしゃみが止まらないというイメージあると思いますが、風邪ではないのに、花粉症が原因で咳が出ることがあります。


これがくしゃみよりもとっても辛い。花粉症で咳が続くと体力を消耗してしまい、毛細血管等に傷がついてしまいます。そして、アレルギー反応が激しくなり、咳喘息や、後鼻漏となってしまうこともあります。


スポンサードリンク





後鼻漏とは、通常であれば、鼻水は鼻から出るのですが、鼻水がのどの奥に溜まったり、のどに流れる不快を感じたりする症状のことです。この後鼻漏は健康な人にもあるのですが、健康な人は無意識のうちに飲み込んでしまうそうです。


しかし厄介なのは、夜の就寝。寝た後この鼻水が入ってはいけないところにまで入ってしまって、朝起きたときに鼻水を出そうとして一気に咳が出てしまいます。


寝起きから咳が酷いのも辛いですね‥。鼻炎が続いて深刻になると、鼻水の量も一気に増えるので、日中も咳が出ることがあります。また、咳をするときに「ヒューヒュー」と音が出る、呼吸が苦しいと感じるようなら気管支喘息の可能性もあるので内科に行ってみて下さい。


では、家庭で出来る花粉症対策を少しご紹介します♪


・外に出る時
 花粉症が酷い人は、酷い箇所を覆うようにしましょう。目がかゆい人は、サングラス、鼻はマスク等の着用をオススメします。また、花粉が付きやすい毛糸の服やニットの服も出来るだけ避けるようにしたほうが良いでしょう。


髪の毛にも花粉はつきやすいと言われているので、紙を束ねる、帽子をかぶるというのもおススメです。


・お家に入る時
 玄関に入る前に、ぱぱっと衣服を払いましょう。化学繊維の服ならこれだけで花粉が落ちてくれます。そして、基本ですが、手洗い・うがいは徹底しましょう。皮膚についた花粉を体内にいれてはいけません!!


・お家の中
 花粉は晴れた日や、風が強い日に外を舞っています!特に風が強い日の洗濯物には注意したいですね。よく払ってから中に入れるようにしましょう。


掃除はこまめに!意外にカーテンに付着しやすいので、裾だけでも掃除機で吸うようにしましょう。最近では布団クリーナーも流行っていますよね。ダニや花粉を吸い取ってくれるので、快適な睡眠をとることが出来ます。



ぐっすり眠ることで身体の抵抗力を強めましょう。また、ストレスをためることは、自律神経を弱らせてしまうので、アレルギーになりやすいんです。喫煙や飲酒・不規則な生活・食生活の見直しも花粉症対策には欠かせません。


最後に、花粉症での咳や、くしゃみで悩んでいる人にオススメの対策です。息苦しくなければ、マスクをしながら寝ることがおススメなのですが、寝るときにマスクをするのって、意外にしんどいんですよね。


そんな人にはぬれタオル!!寝る前にそばにぬれタオルを準備してください。起きる前にぬれタオルを鼻と口に当ててゆーっくり起きるだけで緩和されるんです。保湿することや、加湿器を使うこともおススメです。


いかがでしたでしょうか。一言で花粉症といっても、症状はさまざまで、花粉が舞うというのは、とっても辛い時期ですよね。お家で悩まず、自分の辛い箇所に見合ったお医者さんに行ってください。お薬でずいぶん楽になりますよ。また、家庭で出来る方法もぜひ試してくださいね。


スポンサードリンク