最近、婦人科で更年期障害だと診断されました。母がやはり50代のころ更年期障害の症状に苦しんでいたのを思い出して、いよいよ自分もそういう年齢になったんだなーと思いました。


スポンサードリンク





更年期障害の症状には、かなり個人差があるようですが、私の場合は、ほてりや、イライラ感、肩こりがひどくて、めまいも一日何度も感じるようになりました。


特にほんの些細なことでイラッとして、主人や子供にあたるようになってしまって、いったん興奮すると自分でもコントロールできなくなるくらいなんです。


顔はほてってくるし、息切れしてくるし、自分でもすごい形相(多分ヤマンバみたい?)になっているんじゃないかと思うんだけど、感情の高ぶりを抑えられなくて、あとで少し冷静になってから自分でもなんであんなにイライラしたのか理解できないんですよね。


友人との会話でも「更年期」の話題がなんとなく多くなってきていて、あ、もしかして自分も?と思い始めてはいたんだけど、病院に行くまでのことかなー、と躊躇していました。


でも主人のすすめもあって、思い切って久しぶりに婦人科に行ったら、とても良い先生で、「更年期は2回目の思春期みたいなものだから」と言われ、いろいろ説明してもらいました。なんだか診断してもらって少し落ち着いたような気もします。


ネットとかで見るともっとたいへんな症状の女性も多くて、私はまだ軽いほうなんだろうなと思います。お医者様に言われたのは、更年期は誰にも訪れるもので、みんな多かれ少なかれその症状に悩まされるのだから、あまり気にしすぎないほうがいいらしいです。


バランスのとれた食事(特に大豆がいいらしい)と適度な運動を心がけるようにと言われました。それって、なんだか普通の健康法だよなと思いながらふんふんと聞いていました。


スポンサードリンク





あとは気分転換もたいせつで、ストレスをためないこと。ホルモンのバランスが崩れることで起こる症状らしく、若いころの無理なダイエットとか不規則な生活が症状を重くするケースもあるんだとか。


そういえば、若いころは確かに無茶な生活を送っていたなーと、心当たりがいっぱい・・・。


更年期っていうと、なんだか女性としての終了時点のように感じちゃってたところもあるけど、でも生理がなくなったら、それはそれで楽ちんかなとも思うし、今の時代、何歳になっても素敵な女性ってたくさんいますよね。


80歳ちかくになるお姑さんも、旦那さんがなくなってからなんだかますます女性らしくなったみたいで、最近彼氏もできたらしいし。


とは言え、気分の浮き沈みが激しくて、これも更年期障害の症状の一つなのかなと思うんですが、なるべくうちに閉じ困らないようにしようって主人も言ってくれています。


休みの日にはちょっと出かけてみたり、すこしぶらぶら散歩するだけでもいいんですって。何か趣味を持つのもイイっていうんで、昔やってた洋裁をまた始めてみようかなと思ってみたり。思春期だって乗り越えたんだから、更年期もいつかは終わると自分に言い聞かせながら、更年期障害と付き合っていこうと思っています。


スポンサードリンク