これから先の長い人生、悩むことは数えきれないほど出てくるでしょう。その中には抗う事の出来ない大きな運命も含まれています。どんなに頑張っても自分一人の力だけではどうにもならず、悔し涙を流すかもしれません。必ずやってくるであろう試練の時に備えて、今できる最善の努力とは一体何なのか?それは、発毛に効果の良い食べ物を食べる!という事です!


スポンサードリンク





大げさに言っているように感じるかもしれませんが、一度失ってしまった毛髪を甦らせることは容易ではありません。


ふさふさと豊かなうちは発毛の心配はありませんが、数十年後の自分はきっと悩み、苦しみ、後悔している事でしょう。何故、髪が元気である間に手を打たなかったのかと。


後悔先に立たずとは正しくこの事です。ではどうすれば髪は生えてくるのか。これは単純な問題のようでいて、実際は複雑です。


日々行われている新陳代謝の中で毛髪は自然に生えてきますが、それを健康に育てていくことが難しいために多くの人が悩むんですよ。


私も初めて知りました!弱く栄養のない大地には作物が育ちません。毛髪も同じで、日頃から摂取する食物から気を使わないといけないんです!


まずは髪の命であるタンパク質。肉・魚・卵・乳製品・大豆製品などがタンパク質をつくるのに良い食べ物ですが、大豆以外は取り過ぎないように注意しましょう!


大豆以外は動物性タンパク質と呼ばれるのですが、あんまり食べ過ぎると血液がドロドロになってしまうので、髪に栄養が届きにくくなり発毛にとって逆効果なんです。


スポンサードリンク





次に、毛髪を健康に育てていくのに良く効く食材なんですが、これはたくさんの方が耳にしたことがあるはず。緑黄色野菜・レバー・椎茸・貝類・鶏肉・海藻などに分類される食材が育毛には最適!


大まかに発毛と育毛に効く食べ物を見ていくと、「はて?」と思いませんか。これだけずらりと並んでいるものは、特別珍しくて手に入りづらい希少品という訳ではありませんよね。


普段私たちが何気なく口にしているような食材ばかり。では、何故多くの人が薄毛や抜け毛に悩むのでしょうか?遺伝的な理由もありますが、一番はバランスと生活習慣なのです。


どんなにお肉を食べても、野菜が不足していればすぐに抜けてしまうような弱い髪に。逆に海藻ばかり食べていても、タンパク質が足りなくなって髪を作れなくなります。


良く効く食材も、バランスを考えなくては力を発揮してくれませんよね。だからこそ生活習慣から見直していくのが、根本からの問題解決に繋がっていくんだと思います。


健康で力強い頭皮を作り、長く生きられる髪を育てる。育毛剤などを使えば手っ取り早いと思いがちですが、その場しのぎでは後々に問題を遅らせるだけ。


何とも考えさせられます。諦めてしまうのではなく、今から日常の食事や生活から変えていけばいいのかもしれないと改めて考え直しました。毛髪の健康は、自身の健康があって初めて成り立つもの。まずは手始めに、夜更かしをやめて三食きちんと食べるところから整えていこうと思います。もし私と同じ不安を抱えている人がいたら、まずは今の生活を変えてみませんか?


スポンサードリンク