両親の生活スタイルに疑問を抱いてから、老後の資金について考えてしまいました。今は仕事もしているし生活に不安を感じることはほとんどなかったのですが、お金の支出リズムがなかなか掴めなくて苦労しましたよ。


スポンサードリンク





思いがけない出費が多くなってしまうのが大人の付き合い。冠婚葬祭から保険金まで、社会に出るとこんなにもお金を使うなんて幼く無垢な私は知りませんでした。知らないって幸せなんですね・・・。


世を儚むのはこれくらいにしておいて、現実的な話に戻ります。こんな言葉を聞いたことがある人は多いんではないでしょうか?「老後に必要な資金は 1 億円!」


大企業のお偉いさんや政治家の方々なら想像に容易いかもしれませんが、しがない一般市民である私にはいまいちピンと来ないので、わかりやすく例えてみる事にしました。


簡単に言えば、1 回 100 円のガチャガチャが 100 万回ガチャガチャ出来てしまい、子供でもガチャガチャを見ると胸焼けを起こしてしまうようになる金額です。


1億円の資金を定年するまでに貯めなきゃいけないと考えると、かなり頑張らないといけません。そして、頑張ったとしても厳しい額です。この先、結婚や子供の養育費、マイホームのローンなども計算に入れて考えます。


独身を貫いていくとしても、老後の生活はそれなりに費用が掛かってきますよね。生活をしながら老後に備えて莫大な資金を貯めていかないといけない、と考えるだけでどんよりと重たい気持ちになっていきます。


では、本当に老後の必要資金は1億円なんでしょうか?実際は、「貯めておけば老後はかなり安心」という事です。のんびりと不自由する事無く生活するためには必要な金額ですよという目安がこの1億円。


スポンサードリンク





1億円ないと生きていけないわけではないので、ちょっとホッとします。でも、貯蓄はあるに越したことないというのもまた事実。少子化が進み続けているこの国は、上を支える若い人が絶対的に足りません。


その片鱗はすでに見え始めており、孤独死なんて笑えない言葉もよく耳にするようになりました。私たちが年老いてしまう頃には、もっと厳しい状態となっている事でしょう。


よって、今できる最善を尽くしていかなくてはいけないのです。年金も確実に払われるなんて安心していられる時代はもう終わり、先行きが見通しにくい時代になりました。


このままでは年金の支給年齢も上がる可能性があります。そうなれば、余計に貯金は必要不可欠!でも焦って無理に始めず、まずは深呼吸です。


今、月々にかかっている生活費を大体の平均にすると、いくらになるのか。そして年間でいくら使っているのか把握しましょう。男性は定年の60歳から19年、女性は24年が平均的な余命です。


これに、年間にかかっている生活費をかければ、生活費だけでどれだけかかるかが予想できました。ここからそれ以外の諸経費を合わせて考えれば、今の生活レベルを維持するにはどれだけの貯金が必要なのかわかりますよね。


今からコツコツと貯金を積み立てていけば、どんな額であろうと将来の自分をきっと助けてくれます。先の事をしっかり考えるのも大事ですが、だからって今からどんよりと重い気持ちになるのもなんだか本末転倒ですよね。とりあえずの目標は、ガチャガチャを10万回は出来るようにすることです。


スポンサードリンク