何気ない生活の中で「おりもの」ほんの少し気になっている方いらっしゃいませんか?おりものって何?下着にたまにつくんだけど‥。たまに茶色い‥。これって病気?といろいろ疑問を持たれている方って結構いらっしゃるんです。


スポンサードリンク





おりものとは、大人の女性、また大人に近づいている女性であればみんなにあるものですよね。実はおりものはあなたの身体から出ているサインの一つなんです。


おりものは、子宮内膜、子宮頸管、膣粘液、膣、バルトリン腺など、多くの場所から出て混ざり合った分泌液のこと。この分泌液は大きな役割を担っています。


1. きれいに保つ‥トイレや、お風呂等、細菌が付着する場面は日常生活の中で結構多く存在するのです。細菌が膣を通して身体に入ってくるのを防いだり、入り込んでしまったものも洗い流してくれたりしています。また、膣の中は常に細菌が繁殖しにくい酸性となっています。


2. 妊娠しやすい身体づくり‥性行時の潤滑さを促進してくれます。排卵期には精子が通りやすくなるように、子宮頸管の分泌液を増やして受精の手助けをしてくれるのです。また、普段は酸性になっている膣内も精子が通りやすいようアルカリ性に変えてくれます。 私たちの身体のおりものって、とても優れものなんですね。身体を守るために様々な役割を果たしてくれています。


生理に周期があるように、実はおりものにも周期があり、状態が日々変化しています。
1. 生理後‥この時期のおりものは少ない時期であり、さらさらとしています。老廃物を外に出す、雑菌を子宮内に入れないよう防ぐ等の働きをしてくれます。


2. 卵胞期‥卵巣内の細胞が成熟します。おりものは最も量が少なくなる時期です。サラサラと粘り気のないもので、色はうすクリームや白っぽいものです。子宮頸管に精子を通りやすくしてくれます。たまに、茶色いものがでたりする時も。


スポンサードリンク





3. 排卵期‥おりものの量が最も多い時期です。卵白のように粘り気が出て、色は透明色になります。排卵期は子宮に乱視が存在する期間であり、最も妊娠しやすい期間と言えます。精子を子宮まで通す役割を担っており、水っぽくなっています。


4. 黄体期‥おりものの量が落ち着いてきます。色は少し白っぽくなります。粘り気は減りますが、少しにおいが気になる時期かもしれません。この時の役割は1.の生理後と同じく老廃物を出したり、雑菌が入るのを防いだりします。


大まかにこの4つに分類されます。2.の卵胞期で少し触れましたが、生理後ではなく生理前におりものの中に茶色や、茶褐色のものが混ざったことはありませんか?


次に、茶色いおりものは何なのでしょう。


1. 妊娠初期‥生理前のおりものが茶褐色や茶色で、先決ではないようならば、妊娠初期の着床出血という可能性があります。排卵期の茶色いおりものならば、排卵出血、生理前ならば生理前のおりものか、着床出血だと思ってください。


2. 子宮頸管ポリープ‥おりものが茶色で、性行時の刺激で出血する場合は子宮ポリープの可能性があります。しかし、99%が良性なので、不安になることはありません。簡単な手術で切除することが出来ます。


3. 細菌性膣炎‥おりものが茶色、灰色でとても強い臭いがします。これらは、性行が原因なのではなく、頻繁な性行、膣洗浄を行うことによって酸性に保たれているはずの膣内の自浄作用が薄れてしまっている可能性があります。


4. 子宮がん‥茶色や黒褐色のおりものが増え、生理日前ではなく度々出血したり、性行時に出血したりするようであれば子宮がんの可能性があります。また、性行時の出血はトリコモナス・カンジダ・クラミジア・淋病などの可能性があります。


妊娠初期の場合にしろ、2~5にしても、産婦人科に行くことをオススメします!また、臭いが気になる場合も同じく、産婦人科に行きましょう。おりもののイメージ、少し変わりませんでしたか?これからもずっとお世話になると思います。どんな茶色いおりもの等の小さなサインも見逃さず、自分の身体を大事に日々の生活を送りましょう。


スポンサードリンク