ウエストやお尻のあたりの脂肪は比較的簡単になくせるのに、下半身になると一気に難易度が上がりますよね。私はふくらはぎが一番のコンプレックスで、ジーンズなどを履いた時に強調される太いふくらはぎが大っ嫌い。

スポンサードリンク





おまけに、冬の時期はロングブーツをスッキリ履きこなしたいのに、太いから入らない!なんて事もしょっちゅうでした。でも今年こそは!気になるあのブーツをスマートに履きたい!


ただ、もともと長い時間をかけてコツコツと頑張るというのが苦手なので、短期間での足痩せを目指してみました。まずはウォーキングを開始。毎日15~30分は歩くように心がけて、歩くときは大股の早歩きです。


これがなかなかに効果的で、軽く息も上がり汗もじんわりと出てきますよ。でも、終わった時にはスッキリとして、痛いというよりは心地よい脱力感が気持ちよくて好きになりました。


膝下に溜まっていた淀んだものが流れていった事で、そのあとに行動する時も軽くて、頑張って続けようと思えます。しかし、これだけで短期間の足痩せは無理なので、軽いストレッチも取り入れました。


ガッツリと時間をかけてするのは限界があるため、ながら楽ちんダイエットにしてみました。歯磨きや料理をする時にはつま先立ちになってかかとを上げたり下げたり、気が乗ったらそのまま屈伸運動も。


座って仕事をする時には足をまっすぐに伸ばして、つま先を力いっぱい体の方に反らせながらふくらはぎを鍛えます。力を十秒間ほど入れた後には一気に力を抜いて脱力、そしてまた力を入れてという事を繰り返し続けるこのストレッチ。
スポンサードリンク





最初は足がつって大変でしたが、慣れてくると足の緊張を解きほぐしてくれるのでリラックス効果がありました。本当に簡単で短い時間出来るストレッチばかりでしたが、塵も積もれば何とやら。


一週間が過ぎるころにはふくらはぎのラインが少しほっそりとして来て、計ってみるとマイナス2.8センチに。やっぱり効果が出るのが一番嬉しいしやりがいがありますよね。


それでも、もっと早く足痩せをするにはどうしたらいいのか。考えた結果、マッサージも一緒にしてみる事にしました。半身浴しながらするのが効率的なんだそうですが、私はのぼせやすくて長風呂が出来ないので、白湯を一杯飲んでからマッサージ。


内臓から温めて血流を良くした後に、足首から膝に向けて手を動かしていきます。握りこぶしにして、指の第二間接あたりを使いググッと押し上げるマッサージで、これが痛いんですよね。


いかにも凝り固まっていますよという感じのふくらはぎや脛のあたりをまんべんなくほぐすんですが、脂肪が悲鳴を上げて私も悶絶。どれだけ溜め込んでいたんだって自分自身にツッコんでしまいました。


でも痛いだけの事はあって、終わった後にはなんとマイナス1.1センチ!運動やストレッチよりも早い効果に驚きです。足痩せは一番苦労するダイエットですが、やってみれば短期間で成果が表れるものですね。


2週間が経った頃には、始めの頃よりもハッキリと細くなっている事がわかりました。短期間で一気に負荷をかけるやり方は足を痛めてしまう場合があるので、一番足痩せに向いているのは長い期間でじっくりと落としていく事なんだと思います。


でも、短期間だけでもやるかやらないかでこんなにも差が出るのなら、これからも続けていけばいつかはモデルさんみたいな綺麗な足になれるのではないかと期待が膨らみますよね!


私もハマってしまったようで、マッサージで使うクリームなども拘りだしてしまいました。今年の冬は好きなブーツが履けそうです!
スポンサードリンク