私はニキビができやすい体質なのか、学生時代から顔には常にニキビがありました。しかも、田舎の芋っ娘といった風情であか抜けておらず、肌のお手入れなんて全くしていません。


スポンサードリンク





そのため、顔中にニキビはあるし地肌は手入れをしていないから汚いしで、今思うと何も知らなかったんだなぁと感じてしまいます。社会人になってからは肌のお手入れについて勉強して、しっかりとスキンケアをするようになったのでだいぶ肌が改善されました。


しかし、それでもあごに出来るニキビだけはなかなかなくなりません。地味に痛いし気になる位置のニキビです。何故あごにばかりニキビが集中するのか。ふと、あごのニキビについて何か重大な原因があるのではないかと気になったので原因を調べてみました。


すると、あごに出来るニキビは「大人ニキビ」と呼ばれていて、20代以上の人達がなりやすいニキビなんだそうです。原因は、ホルモンバラスの乱れやストレス、暴飲暴食などの不健康な証として現れるのだとか。仕事の疲れやストレスに晒される社会人ならではの悩みです。


ただ、私があごにニキビが出るときは、決まって便秘の時。何日間も出すことが出来ずに、お腹が重いなぁと思い始めたころにはあごニキビが出現しています。ちゃんと出せた時には自然と治りますが、芯を持ったニキビなので痛くて痛くて・・・。


そこで、青汁生活を始めてみました。食物繊維やビタミンって日頃の食事ではなかなか摂取できないので、それも原因の一つかもしれないと思ったからです。とりあえずは、朝と夜の食前に一杯ずつ飲むようにしてみました。


スポンサードリンク





独特の濃い緑色なので、最初の一口を飲むときは大変勇気がいりましたね。なんだか、人間が口にしてはいけない魔女の薬みたいで、とっても嫌でした。でも、最近の青汁ってとても親切につくられていて、作っている人たちの優しさに驚かされます。


まず、青汁のイメージであったドロドロした感じがなくてとても飲みやすい緑茶みたいな口当たり。人生初の青汁だったわけですが、こんなにもサラサラしているなんて意外で、それまで青汁に偏見を持っていたことを申し訳なく思いました。


さらに、味もまずくないんです。「うーん、まずい!もう一杯!」というフレーズが幼き頃より根強く刻まれていたため、こんなにもまずくないなんて本当に驚きでした。


青汁を作っている会社にもよるのでしょうが、私が飲んだのは深い香りのお茶、といった味で、あっためてもそのままでも美味しかったですよ。牛乳と割って飲んでも抹茶ミルクみたいになるから、小学生の弟も美味しいと言って飲んでいました。


おかげさまで、苦も無く青汁生活を続けることが出来て、重い便秘になる事もなくなったんです。そうすると、大人ニキビもめっきり顔を出さなくなりました。


やっぱり原因は日頃の自分の体と関係しているんだと、改めて実感です。それに、腸内改善のおかげで肌のコンディションもとっても良くなって、前より肌色も明るく、化粧のりも断然アップしました。なんとも嬉しい一石二鳥な方法です!


体の不調はすぐに表に現れるんだなぁ、と学習したいい機会でした。これを機に、体に優しい習慣を続けていく努力をしようと思います。もう大人ニキビはこりごりですから・・・。


スポンサードリンク