子供のころから何故かヨーグルトが大好きでした。母に連れられスーパーに買い物に行くと、必ずヨーグルトを買ってもらってました。チョコレートよりもジュースよりもヨーグルトを欲しがる私に「変な子ねぇ」と言いながら母はいつも買ってくれてました。

スポンサードリンク





ヨーグルトは身体にいいし、牛乳と同じようにカルシウムなども含まれているしお菓子を食べるよりもずっといいだろうと母も買ってくれてたのだと思います。お小遣いが自由に使えるような年齢になっても、私は相変わらずヨーグルトを買っていました。


母に買ってもらってたころは、母が選んだヨーグルトしか買えませんでしたが自分で買うようになってからは、好きなヨーグルトが選べるようになったのがとても嬉しかったです。新製品も、必ずチェックしていました。


高校生の頃でしょうか、周りの友達が「花粉症になった」と涙目で言うようになりました。春先になると、みんなマスクをして鼻をしょっちゅうかんでとても辛そうです。花粉症になった人数は、日に日に増えていきます。


まるで、花粉症でない人間は人にあらず、というような雰囲気でした。私は、全く花粉症の症状は出ませんでした。これだけ学校で流行っているのだから、私も花粉症というものになってみたいと思ったこともあります。


でも、いつまでたっても私は花粉症にはなりませんでした。なんでだろう・・特異体質かなと思いました。


ある日、マスクをした友人たちと買い物に行きました。お菓子をたくさん買って、友人の家で食べながらおしゃべりしようということになったのです。外は花粉でいっぱいだから、そのころは家で遊ぶのが主になっていたのです。
スポンサードリンク





それぞれが好きなお菓子をスーパーのカゴに入れていると、私はやはりいつもの癖でヨーグルトを数個買っていました。その日はセールで、好きなヨーグルトが安くなっていたのです。


「またヨーグルト買ってる~~」と、真理子の声が後ろから聞こえてきました。「本当だ、よっぽどヨーグルトが好きなのねぇ、アイスならわかるのに」とみんな口々に言います。


「ほっといてよ~、好きなんだからしょうがないじゃない」と言うと「ひょっとして、あなたが花粉症にならないのはヨーグルトをいつも食べてるからじゃない?」と栄養士を目指している美紀が言いました。


「ヨーグルトが花粉症の予防に効果あるの?」私は知りませんでした。「うん、最近の研究で発表されてるのよ。新聞で読んだ」「さすが栄養士の卵ねぇ、ご立派です!」


真理子の家に集まり、最初は好きな男の子の話などで盛り上がってたのですが礼子が言いだしました。「さっきの話、教えてよ。ヨーグルトが花粉症に効果があるって話」礼子は、中でも重症の花粉症です。効果があるなら、今すぐにでもヨーグルトを食べそうな勢いです。


美紀が教えてくれました。「あのね、人間の身体には異物が入ったら排除しようとする働きがあるのよ。免疫システムっていうんだけど。花粉症というのは、この免疫システムの過剰反応なの」教科書を覚えているような解説です。


「花粉は身体に害はないのに、これを異物として認識して過剰反応が起こってしまうのよね。でも、胃腸内に善玉菌が多くなると、腸内免疫だけで花粉などのアレルゲンがブロックされるらしいのね。その善玉菌を増やすのに乳酸菌が効果があるって、研究が進んでるの」


そうすると、私の胃腸の中には善玉菌がいっぱいあるのでしょうか。花粉症に全くならないのは、幼いころから食べ続けたヨーグルトの効果なのでしょうか。


「ここに、ヨーグルトが花粉症に効果あるって証明した見本がいるからねぇ」とみんなが私の顔を見て、実に羨ましそうに笑いました。
スポンサードリンク