冷たい氷が無性に食べたくなる、口寂しい訳ではないし、美味しく感じるわけでもない。たまにクラっとめまいがしたり、少し動くと息切れして思うように動けない時があります。

スポンサードリンク





髪がバサバサになって、爪がすぐ割れて反り返ってしまった。さすがに、何か体調がおかしいと思い、病院へ行ってみました。かといって、体のどこが悪いのか、何の症状なのかが分からないため、何の病院へかかればいいかも分からずに、ひとまず内科を受診しました。


先生との診察の中で、血液検査と念入りな体の問診や触診をしました。目をあっかんべーしてください、と見せると先生が『あー、真っ白』の一言。私は目が悪かったの!?と思いましたが、血液検査の結果を聞くとどうやら違っていたようです。


血液検査の結果、鉄欠乏性貧血と診断されました。ヘモグロビン6、血清鉄10、フェリチン2という数値でした。女性の場合、ヘモグロビンは11以上、血清鉄は41以上、フェリチン8以上氷などを食べたくなるのは、異食症といって特有の症状です。


申し訳ないですが、この数値は異常です。紹介状を書きますので、大学病院へ行ってくださいと言われました。


そういえば…妙にイライラしたり、急に悲しくなったり感情のコントロールが出来なくなったりしていたなぁ、とか考えたりしていました。その日は、そのまま大学病院へ。


紹介状を提出し、どこの科に行くのかな…と思いましたが、まず内科に行くことになりました。内科では、詳しい説明を受けました。今回、鉄欠乏性貧血ということだけれど食生活が原因なのか、あるいは他に何か病気の可能性も考えられるので紹介状を出されたようです。
スポンサードリンク





鉄欠乏性貧血の場合、消化器や内臓などからの出血、あるいは婦人系の病気が原因ということが考えられます。この数値だとひどい症状があったと思いますが、よく日常生活が過ごせていましたね。


とりあえず腹部エコー検査しましょうか。先生とエコーをして、ひとまず内臓などの臓器からの出血は見当たらないですね。先生の手が止まりました。


失礼ですが、生理の時に出血量は多いほうですか?腹部のエコーでははっきりと見えませんが、子宮に何かあるみたいですね。子宮筋腫かもしれません。


もしかしたら、子宮筋腫のせいで出血が多く、鉄欠乏性貧血の原因になっているかも…。婦人科に回しますので、より詳しくエコーで確認してもらってください。


たかが貧血だと考えていましたが、子宮筋腫があったなんて!自分でもびっくりしました。そのあと、婦人科では経腟エコーをし、私には6cmと大きい子宮筋腫があることがわかりました。


筋腫と鉄欠乏性貧血は関係あるの?と思いますが、子宮筋腫のせいで生理の時に出血量が増え、また更年期が近かった私は生理周期がバラバラで月に2回あったり、10~14日ほど出血が続くこともありました。


出血量が多いことで、貧血になっていたようです。ひとまず、原因がわかったことで安心しました。先生の説明で、現時点では鉄剤の経口摂取では間に合わず、輸血をするか、点滴するかの選択肢しかないといわれました。


いくら貧血症状が酷くても、どうしても輸血という決断が出来ず、とりあえず1週間鉄剤の点滴に通うことになりました。数値があがらないようであれば、すぐに筋腫摘出の手術や輸血処置を考えるということになりました。


その日、点滴を打ってもらった後びっくりするくらい体が軽く、いつも困っていた貧血症状がないことに驚きました。点滴を初めて1週間が経つ頃、髪に艶が戻り…めまいなどの症状が気になることが減りました。


再度血液検査をすると、問題だった数値はいくらか改善していました。しかし、まだ貧血であることには変わりなく、経口での鉄剤摂取で一旦様子を見ることになりました。


今まで貧血の生活になれていたせいか、生活が随分と楽になり過ごしやすくなっていました。子宮筋腫も、近いうちに摘出することになりました。


今回、何の症状なのか分からずに過ごしていましたが、息切れやめまいのない生活は非常に快適です。貧血…と言っても、何かの病気が原因のことが十分に考えられます。


一番いいのは、食生活を改善することで貧血症状がなくなるのがいいです。でも、どうしても無理な場合はサプリメントや病院で鉄剤を処方してもらうべきです。何か気になる症状があれば、一度病院受診をおすすめします。
スポンサードリンク