ストレスは、精神だけでなく身体にも苦痛を与えてきます。風邪を引いているわけではないのに、ひどい頭痛と立っていられないほどのめまい。これは本当に辛かったです。病院に行っても異常はないと言われましたが、頭痛やめまいはなかなか良くならない。

スポンサードリンク





最初は市販の頭痛薬などを服用して誤魔化しながら仕事もしていましたが、そのうち仕事中でも座り込むことが増えました。私の場合はうつ病だったのですが、だからと言って抗うつ剤をのんでも頭痛やめまいがなくなるわけではないんです。


そのため、医師には「ストレスから距離をとりましょう」と言われました。具体的には、仕事を休職した後に生活習慣の見直しです。私は転勤や人事の変化の関係で、急激に負担が増えたことによって精神が疲れてしまっていました。


なので、とりあえずはゆっくりと体を休めるために会社を休職。最初は迷惑をかけてしまうからとかなり悩みましたが、一度決断してしまうと気持ちが軽くなりました。やっぱり責任感が先走ってしまい、自分が追い付けていなかったのです。


もともとの自分の性格がマイペースなので、のんびりと散歩をしたり読書をしたりして過ごしました。後になって実感しましたが、この時間は自分を知るとても貴重な時間で、改めてこれから先の人生について考えることが出来たんです。


勢いだけで突っ走ってきていましたが、立ち止まって良かったと思う事もあるんですね。でも何より一番効果があったんじゃないかと思うのは、生活習慣を見直したことでした。飲食店で接客の仕事でしたが、激務なので朝の九時には出勤して帰り着くのは夜の十一時前。


そんな生活をしていると、食事もコンビニで買って簡単に済ませる事ばかりでバランスも最悪です。その時は肌荒れも凄まじく、ニキビなどの肌トラブルが治る事はありませんでした。
スポンサードリンク





荒んだ生活は心にもストレスを与えるのだと、規則正しい生活を心がけるようになってから痛感するように。睡眠ももちろんですが、食事や運動もストレス発散になっているんですね。


朝には太陽の光をいっぱい浴びて、散歩で汗を流して、野菜をたくさん使ったご飯を作って食べる。これだけの事なのに、健康的に痩せるし考え方もプラスの方向になっていくんです。


私がストレスによる頭痛やめまいを克服できたのは、薬などではなく健康的な生活の中で心を休めたからでした。この二点に気をつけながら、半年ほどたつ頃には全く頭痛やめまいに悩まされることはなくなりました。


結局仕事はそのまま辞めてしまいましたが、辛くて耐えられないからではなく、改めて自分がしたいことをいっぱい考えた結果です。前向きな決断が出来たことが嬉しくもあり、誇らしくもありましたよ!


ストレスで苦しんでいた頃はただ気力で耐えていましたが、それでは痛みからは解放されませんよね。根本から解決する事が重要なんです。


今でも時々、頭痛やめまいを起こすこともありますが、以前のように思い悩む事はせずにポジティブ思考になりました。毎日が新しい発見で、楽しい時間を過ごせています!
スポンサードリンク