私の子供は1歳の男の子です。初めての育児に戸惑い、生まれて2ヶ月すると、母乳が止まり…それ以降はミルクで育てました。子供が10ヶ月の頃でしょうか?秋が終わり、冬が近づく頃…鼻が出てコンコンと咳をする日が続きました。


スポンサードリンク





最初は風邪をひいたのかな?と思いましたが、3日経っても治りません。寒さのせいで風邪をひいたのだろうと思い、近所の小児科を受診しました。症状を伝えると、先生に突然アレルギー検査を勧められました。


今のところ離乳食で食べている内容で食物アレルギーと思われるものはありません。単なる風邪なのに、どうしてアレルギー検査をする必要があるのかよく理解できませんでした。


また、先生にご両親や兄弟などでアレルギーのある人はいませんか?と聞かれました。我が家は、主人も私もアレルギー性鼻炎…つまり花粉症です。今回の花粉症の症状ではないでしょう?と尋ねると…今出ている症状は、『喘息』の症状です。


ご両親がアレルギー体質ということなので、この子もアレルギー体質で間違いありません。今回の検査は、一体何が原因でアレルギーが起き、そして喘息になっているのかを調べるために検査が必要です。と説明されました。


まさか…こんなに小さいうちに喘息と診断されるとは思っておらずショックを受けました。一体何が悪くて、喘息になったのか…原因はもしかしてミルクで育てたから?自分を恨みました。


あの時、何とかしてでも母乳で育てておけばこの子は喘息にならずに済んだのだろうか…後悔ばかりです。検査は簡単なもので、血液検査で判明するということでした。


スポンサードリンク





検査機関に出して、2~3日で詳しい結果が分かります。採血のあと、吸入をして帰りました。先生から…今の咳が酷くなり、胸のあたりから音がする、それが喘息の発作です。まだ小さいので粉の吸入を使うことは出来ません。


治療としては、服薬と寝る前に気管支拡張のテープを貼ります。あとは病院の吸入器を貸し出しますので、家でも朝・寝る前の2回、また発作時に使用するように指示をうけました。


吸入は吸入液を入れて、蒸気になった薬を吸い込むものでした。じっと座っていないといけないので、子どもは嫌がります。でも、吸入が終わった後は咳の回数が明らかに減りました。自宅でも戻って吸入を続けました。


2~3日経って、アレルギー検査の結果が出ました。息子は、ハウスダストと猫の毛のアレルギーでした。そして、エビ・カニなどの甲殻類の食物アレルギーがありました。


まだ年齢が低いため、与えたことがなかったのが良かったものの…結果を見てゾッとしました。先生に、この前引っかかっていたことを質問しました。


『母乳ではなく、ミルクで育てたせいでアレルギーが出たのでしょうか…?』先生はにっこり笑って答えました。それは、絶対に関係ありません。母乳で育とうと、ミルクで育とうとアレルギーのある子はアレルギーです。


どんなに家を綺麗にしても、アレルギーの症状は出ます。むしろ、アレルゲン物質を過剰に取り除くとかえってよくないです。原因が分かったので、これから対策をしていきましょう。


小児喘息であれば、根気よく治療を続けていけば完治する可能性の高い病気です。子供は徐々に体も大きくなって強くなり、発作も軽くなります。発作が出る時は、気管支がひどい炎症を起こしているのが原因です。


発作が出ないから、咳が出ないからといって勝手な判断で治療をやめないでください。一番辛いのは、子供本人です。お母さんじゃありません!日々予防するからこそ、酷く出るはずの症状が軽く済むのです。


また、子供が精神的に不安定になると発作が重症化しやすい傾向があります。心配するのは当たり前ですが、子供が察知して不安定になりがちです。


声をかけるなら、「大丈夫?大丈夫?」よりも、「お母さんが一緒だから大丈夫よ」の方が子供も安心します。あと、少しでもいつもと違う症状だと思ったら、すぐ病院へ電話してください。


場合によっては、救急車を呼ぶべき場合もあります。喘息は命に係わる病気です、守れるのはお母さんだけですから。それから詳しく対策を聞きました。きちんとした治療を続ければ治る可能性が高いと聞くとホッとしました。


部屋の温度や湿度を一定に保つように心がけること。部屋の掃除を小まめにし、空気清浄機などを活用すること。咳が出る時は、常温の水などを少しずつ飲ませ、痰を出すようにさせること。


横になると苦しい時は、壁などによりかかって休ませること。少しずつ体を鍛えるためにプールなどに通って体力をつけること。喘息と診断された時は、ひどく落ち込みました。


でも、喘息ってどんな症状が出るのか…何が原因で起こるのかなどはほとんど知りませんでした。可愛い我が子が苦しむ姿を見たい親など、どこにも居ません。親が体調を管理してあげないと、きついのは子供です。


現在は、季節の変わり目に体調を崩したりすることはあります。しかし、重度と言われる発作を起こしたことはありません。元々、細身で食が細かった息子がだんだん食事を食べられるようになり、体力がついてきたのだろうと思います。


薬を使い続けるのは…と思った時もありますが、薬を使わないともっと酷くなるだけです。継続治療して根本からしっかり治すか、酷い時だけ薬を使って治らないか…それは親次第だと思います。私は、この子の喘息を絶対に治したいです。


スポンサードリンク