結婚して、6年になりました。子どもも4歳になりました。私はお兄ちゃんと年子だったので、今でも仲良く連絡を取り合っています。将来自分も年子まではいかなくても、年が近い子どもを3人ほど欲しいなとずーっと思ってきました。


スポンサードリンク





子どもが1歳になる少し前から旦那さんと話し合ってまた仲良しを始めたのですが‥。あれから早3年‥。一向に2人目が出来ないんです。そんな中テレビで目にしたのが「二人目不妊」の文字。


1人目は二人の生活を楽しんだ後、欲しいねって話をしてからすぐに出来たので、不妊という言葉は頭の中に一切ありませんでした。びっくりしたのと同時に、同じような悩みを抱えている人がたくさんいるんだという思うと、少し自分の中の重荷が減ったように思いました。


旦那さんとお話をして、子どもを出産した産婦人科に行くことにしました。私が通っていた産婦人科は、親子で経営をしているところで、息子さんが婦人科を、お父さんが、産科と不妊治療を担当されていました。


久しぶりに行く産婦人科は、幸せに溢れていて行くだけでほっこりとした気分になると同時に、とっても羨ましくなりました‥。私の不妊の原因は「無排卵月経」と診断されました。毎月生理があるのに、排卵をしてない。という状態だそうです。


一人目を妊娠・出産していたことと、毎月ちゃんと生理がきていたので、妊娠できると思っていたんですが、生理がきてるからって妊娠するとは限らないんですね‥。


病院では、まず、生活習慣を正すことと、毎日基礎体温を付けることを1か月続けて様子を見ることになりました。生活習慣の面では、旦那さんのお仕事の都合で、夕飯・就寝の時間がバラバラだったり、睡眠時間が極度に少なかったりすることが多くありました。


スポンサードリンク





その時間を子どもと一緒の時間に合わせて一緒に寝る・起きるを繰り返すことを心がけました。一番びっくりしたことは、基礎体温表です。基礎体温を付けるようになって気づいたことは、「体温が低い」ということです。


普段から36.0℃くらいで、排卵日を終えて高温期に入っても、体温が上がらず、いっても36.5℃くらいなのです。高温期と、低温期の差があんまりなく、常に体温が一定で変化が見られなかったのです。さらに、普段の基礎体温も低い時は35.5℃と表示されることも‥。


不妊の原因はこれか!!これはまずい!!ということで、まずは自宅で出来る料理の見直しから。生姜を買ってきてぐつぐつ♪手作りしょうが蜜を作りました♪


これ、結婚前にすごくはまっていて、寝る前にホットミルクに入れて飲むと朝までぽかぽか♥煮物のお砂糖もこれに変えて入れても、子どもも嫌がらず食べてくれて「身体あったかいね~」なんてお話しています。


色々な人とお話していると、妊娠したいな~と思っていることや、「二人目いないの?」「二人目まだ?」なんてよく言われるんです。この周りからの期待も知らず知らずのうちにストレスとなっていることも原因の一つだそうです。


原因には他にもいくつかあり、自分でなはく旦那さんに原因があることも‥。精子も年齢とともに減少したり、元気がなくなったりすることもあるんです。


一人目の時に比べて、二人目は自分も旦那さんも年齢を重ねているわけだから、そりゃ‥そうかぁと納得。一人目を妊娠したからと言って、ずっと妊娠できる身体とは限らないということを、病院に行って初めて知りました。


出産した後身体の体質が変わることもあるし、育児や家事に追われて、自分の身体のケアを怠って冷え性になってしまっていました‥。二人目を妊娠するために、妊娠しやすい身体づくりをこれから頑張っていきたいと思います。


スポンサードリンク