私の学生時代は暗くて悲惨でした。その理由はすべて、私の顔を覆っていたニキビ跡です。思春期はみんなニキビができるでしょ。わたしも同じで、中学生くらいから、ぽつぽつニキビができ始めたのを覚えています。


スポンサードリンク





でも、私の場合、それが消えなくて、ニキビ跡に。大人になったらニキビは消えるのかなーと、淡い期待を寄せていましたが、消える気配もなく、ニキビ跡はどんどん増える一方で、頬全体にクレーター状態でした。


新しいニキビができると、ニキビ跡にならないようにできるだけ触らないようにするんですけど、それでも駄目。ニキビ跡って、いったんできると消えないのかしら・・・?とだんたん不安になってきました。


一生、こんなぼろぼろの顔のままなのかしら? 恋愛も結婚もしたいのに、だれも私の顔を見てきれいとは言ってくれるはずがないって、そのころはコンプレックスの塊で、本当に悩んでいました。


母は、ニキビ跡も大人になれば消えるって言ってくれてたけど、大人って一体何歳なんだろうとか、何歳になればニキビ跡が消えて、私も人並みに彼氏ができるんだろうって、いつもくよくよしていたんです。


だって、まわりのクラスメイトはみんなおしゃれして、初デートとか、楽しんでるわけでしょう。私だけ、このニキビ跡のせいで、そんなどきどき感とか、ロマンティックな恋愛話とか無縁だったんです。


アルバイトでお金が稼げるようになると、まず買ったのはニキビ用化粧品。化粧品売り場のお姉さんにすすめられるまま、基礎化粧品を一式買いました。でも化粧品にできることは、ニキビ跡の保湿くらいみたいです。


スポンサードリンク





後になってそれを知りました。ニキビは比較的簡単に治るけど、ニキビ跡を消すのには時間がかかるのであせらないで長期的に使うようにいわれました。


それから、ニキビ跡をカバーしてくれるファンデーションでニキビ跡を隠す技術を覚えて、ちょっと自分に自信が持てるようになりました。でも、スッピンになると肌がぼろぼろなので、そのギャップが大きいでしょ。


大学のサークルとかで、旅行とか行っても絶対スッピンは男子の前でさらせないって感じでした。これまでに自分で、ニキビ跡やスキンケアの勉強をしました。


結論から言うと、あの時化粧品カウンターのアドバイザーが言ってたように、ニキビ跡を消すことは簡単にはできません。一種の傷跡のようなもので、ニキビ跡を消すには最低でも、肌が新陳代謝を繰り返し、古い角質が排出されるまでの時間がかかります。


肌のターンオーバーを促しながら、それ以上ニキビができないようにするという方法しかないようです。私の場合は、とにかくニキビができやすい肌質なので、生活習慣には特に気を使っています。睡眠をしっかりとることと、食習慣です。


ファーストフードやスナック菓子は食べない、脂分が多い食品は避ける、外食はやめて極力自炊する、ビタミンを多く取るなどです。


洗顔も気を使っています。ニキビ用の洗顔料を使って、ニキビができている時はそのニキビをつぶさないように細心の注意を払いながらやさしく、でも確実に化粧がおちるように洗顔します。


洗い残しは、毛穴をふさいでニキビができる原因になりますから。加えて、1週間に一度のピーリング剤を使った洗顔。美容外科だと、高度なピーリング技術で比較的簡単にニキビ跡を消すことができるみたいですが、そこまでお金をかける勇気がない私は、自宅でやります。


ピーリングと言うのは、古くなった角質を取り除き、その下の新しい肌細胞の働きを活発化させるというものです。


ピーリング石鹸やジェルがあれば自宅でも簡単にできますが、あまりやりすぎると逆に肌を傷めてしまうこともあるので、注意が必要です。あまり酸度の高くないピーリング剤から試した方が良いと言われて、私もそうしています。


美容外科に行けば一番簡単にニキビ跡を消すことができるのでしょうけど、自分でそうやって努力しているうちにだんだんと、私のニキビ跡も減ってきました。


いまは、お化粧するのも楽しいし、彼と旅行に行っても、スッピンになれるようになりました。でも、油断するとまたニキビができちゃうので、お肌コントロールを続けて行きます!


スポンサードリンク